にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村

理刹主義-躁鬱病と診断された女-

昭和生まれ、社会生活より閉鎖病棟生活の方が長い。病的被害者ではなく社会的加害者の自白。

緊急事態においても就活

眠ることによって思考がリセットされることは多い。

履歴書や職務経歴書の作成でがんじがらめになっていた。

なぜ会社に入る前段階がこんなにも苦行なのか、改めて我が国の流れを呪いたい。

それでも自発的に応募書類を作成し始める日が来るともあまり思っていなかった。

その点は自らを評価しようと思う。

評価したところで、である。

 

どのような説得力を持たせる文書が適切なのか、まるで見当がつかない。

応募書類作成のいろはのようなサイトは散々拝見した。

ほとんどが実務経験があるか、まったくないかに二分化されている。

私は極めてイレギュラーかもしれない。

就労移行事業所のスタッフも赤ペンを入れる程度をためらうほど悲惨なものしか作ることができないでいる。

なんか既にいやだ。そんなところで昨日は夕方寝てしまた。

 

こういったとき、事業所の環境は実に私に適さないと感じる。

誰もが一般長期就労を目標に掲げ、利用期間も短く就労にたどり着いているからだ。

良くも悪くもなんとなく自分もそうしたほうがいいように感じてしまう。

一般就労がすべてではないことを主張したくなる。

しかし私にも新たにした志がある。昨年10月で異動された支援員の方のおかげだ。

私の利用は実質昨年の10月から始まったと言っても過言ではないほどの実績を積み始めている。

私には私の過ごし方とペースがある。

それを見失って目先の就労だけに踊らされては本末転倒だ。