にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村

理刹主義-躁鬱病と診断された女-

昭和生まれ、社会生活より閉鎖病棟生活の方が長い。病的被害者ではなく社会的加害者の自白。

体験発表2

精神福祉のボランティアの方々の学習会にて、「社会復帰を目指している人の体験発表」というテーマのもと体験発表をする機会を頂戴した。

前回の体験発表の場に居合わせた数人のボランティアの方たちからのご依頼であり、こうして発表することが断続的にでもあれば光栄だと心から思った。

前回の発表を聞いてくださったことから同じ内容のものをといったニュアンスの言葉も事前にいただいていたが、テーマと聴者が異なる。

元にある文書をベースに、精神の病気を抱える当事者やご家族向けの内容から一般の方向けの内容に手直しを加えた。

規模も20人弱と小さかったため、割と口語で話すことにした。結果はまずまずであったと思う。大変なご好評は多く頂戴し、あまりに貧相な内容から恐縮であった。

 

ボランティアの方々には日頃から事業所としても大変お世話になっている。

特にお慕いしている方がご事情でお見えにならなかったことが残念であるものの、多くの方々との交流をはかることもできた。

年齢は私の母親世代の方も多くいらっしゃり、ほぼ全員が女性だ。

大変おおらかで、元気が溢れる皆様に囲まれると、自ずと私の気持ちまで開放されたような気がした。

とても和やかな気分で帰宅した。

 

ボランティアなどが出来るほどの余裕は見出せないと思う、ただ、私もあんな風に歳を重ねて行けたらと感じた。