にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村

理刹主義-躁鬱病と診断された女-

昭和生まれ、社会生活より閉鎖病棟生活の方が長い。病的被害者ではなく社会的加害者の自白。

認識と現実の相違

精神疾患にもさまざまなものがある。

半世紀も前であれば無残な扱いを受けたであろう我々も現代では“尊重”され、場合によっては優遇されることすらある。

偏見は消えずとも時代は変わるのだ。

 

時代は変わっても、の話である。

「精神病=鬱病鬱状態」という認識で止まっているのだろうと感じる。

ようやくそれが認知されて来たとありがたく感じた方が良いのかもしれない。

 

私が激しい躁を発症した後に出会い、仲良くしている近隣の友人とそういった込み入った話題になったことがあった。

彼女はとても言葉を選んだ様子で、最終的に「あいら(私)は鬱だとは感じない」と伝えてくれた。

その認識は合っている。私は鬱病ではない。

しかし彼女の中には「精神を患う=鬱」という認識しかなかったのだろうという結論に結びついた。

 

そこから躁鬱のなんたるかを私の言葉で説明することはなかなか難しかった。

 

それでも又聞きするだけでも明らかに分かる躁鬱病患者が彼女の知り合いにいるらしいことまで判明た。どうやら対応に困惑していた最中だったらしい。

 

私は会ったこともないが、そのひととほぼ確実に同じ気分障害を持っていると伝えたところ、驚愕の表情を浮かべた。

私の病状が芳しくない時にわざわざ彼女に会うことはこれまでなかった上、病気の話も具体的にしたことはなかった。

彼女から見て、私はただの愉快な人に過ぎなかったのだろう。

 

「よほど好きな相手でなければ、あの様子(躁状態のひとの様子)は耐えられない」と彼女は言った。

「仮に好きであったとしても、離れていった人もいるんだよ」…その言葉は飲み込まれた。

 

一般的に躁状態である人間は排除されがちである。

私が躁状態になることを怖れることの裏付けとなった。