にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村

理刹主義-躁鬱病と診断された女-

昭和生まれ、社会生活より閉鎖病棟生活の方が長い。病的被害者ではなく社会的加害者の自白。

自己暗示

まったくの軽度であるが、私には1日の中で躁鬱の波があるらしいことに気がついた。

 

日中、ひとと会っている間や物事に集中している時は軽い躁、あるいは元気な様子であり、自宅でひとりで何もしていないと「そろそろ死のうかなぁ」などといった考えがぼんやりと流れているのだ。

一般的な人は毎日のようにこんなことは考えないのではないだろうか。

 

ただしそういった考えがよぎっていることに対してつらくもなんともないし、支配されるわけでもない。

ただ、考えが流れているだけだ。

 

この状態は何なのか、理解に苦しむ。

理解する必要もないのかもしれない。

症状のひとつとしてとらえ、再来週の外来までに主治医に報告できるよう努める。