にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村

理刹主義-躁鬱病と診断された女-

昭和生まれ、社会生活より閉鎖病棟生活の方が長い。病的被害者ではなく社会的加害者の自白。

昔馴染み

落ち着かなければならない。

 

3〜4時間ほど、凄まじく楽しい時間を過ごした。

少人数で久しぶりの集まりがあった。

かれこれ15年は経つのだと皆騒然とした。

普段飲まない酒を飲んだ。

大いに笑った。

それぞれがそれぞれの問題を抱えながら笑っていた。

この時間がいつまでも続けばよいと、明日も明後日も集まれればよいとひたすらに願ってしまう。

 

この勢いで朝まで1人ででも酒を飲み続けたいと考えてしまう。

 

それではいけない。

 

これも一種のオンオフの切り替えなのだと言い聞かせる。

ごく稀な機会だからこそ楽しい。

どんなときも時間は平等に過ぎる。

 

私は眠らなければならない。

 

薬も作用してきたような気がする。

 

どこか冴えているような気もする。

 

私は眠らなければならない。

 

ゆったりと呼吸をしながら、きっとまた会える時までに、まっとうな生活を送れるよう、リズムを崩さぬよう、深い眠りに就けるように、徐々にで構わない、落ち着かなければならない。