にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村

理刹主義-躁鬱病と診断された女-

昭和生まれ、社会生活より閉鎖病棟生活の方が長い。病的被害者ではなく社会的加害者の自白。

眠る日曜

朝、突如としてとてつもなく気だるかったためほぼ一日中寝ていた。

これが日曜でよかったと安堵するとともに、明日以降への不安も拭いきれてはいない。

 

反動が来るときは本当に前触れがない。

これを先読みすることができない点がこの頃最大の課題である。先読みする手段も糸口すらもない。

 

不安があるとしたところで、身体が動かなければ休むしかない。

しかし1日で休息できた感じもある。明日復活していればこれとないラッキーだ。

 

ここ1年の体験から、夜に長時間の睡眠をとれば翌朝は信じられないほどにスッキリしていたことが多々ある。

まだ気だるさも残るため、おとなしくしていることがおそらく得策だ。