にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村

理刹主義-躁鬱病と診断された女-

昭和生まれ、社会生活より閉鎖病棟生活の方が長い。病的被害者ではなく社会的加害者の自白。

いい子のじんせい

物心ついた頃から、私は「いい子」でいなければならないと思っていた。

「いい子」ではない私には、その当時からこの言葉を理解していたかは別として、「価値がない」と思い込んでいた。

その言葉では難しい。いい子でいなければ、誰も私の相手などしてくれないと思っていたというのが適正かもしれない。

少女が思い描くいい子とは。

 

両親のいいつけを守る子。

本当はピンク色のものが欲しくても、弟も使えるように黄色を選ぶ子。

友だちと喧嘩をしない子。

わがままを言わない子。

 

進んでお手伝いをする子。

宿題をさぼったりなんて絶対にしない子。

テストで百点満点を取るのが当たり前な子。

何もかも立候補する子。

外で元気に遊ぶ子。

 

学年トップレベルの成績を取り続けること。

いつも控えめであること。

小遣いを無駄遣いしないこと。

部活動を休まないこと。

門限を破らないこと。

親が胸を張れる進学校へ入学すること。

 

 

すべてが、私の本意に反していたような気がする。

しかしそうするしかなかったのだ。

そうしない私には価値がないのだから。

そうでない私のことを好きでいてくれる人はいないのだと信じて疑わなかったのだから。

 

それらが崩れたのは高校2年の夏だった。

部活動に力を入れ過ぎて勉学が疎かになっていた。

その部活動さえも投げ出さざるを得ない状況に追い込まれ、というより自分で追い込み投げ出し、それまでに築いてきたすべてを上書きしなければならなくなった。

 

筋金入りの「仮面いい子」は、何かにつけて自己犠牲に美学を見出すようになる。

途中から、いつの頃からか自己犠牲と自傷行為を見誤っていった。

 

晴れて、世にいう精神障害者は誕生していたのだ。

 

誕生した自己をさらに否定し続ける年月は流れた。なぜ否定するのか。私は「いい子」でなければならないからだ。

 

 

ちょうど10年前の4月、私は改めて新社会人としてデザイン事務所に所属していた。10代の頃に父親が他界したため一度社会に出ている。デザインは希望であり、新たな門出であった。

しかし間もなく、不眠による体調不良が切っ掛けで退職に追い込まれることになる。

 

まるで昨日のことかのようだ。

 

街を歩く真新しいスーツに身を包んだ若者たちを目にすると、様々に思い出されることもある。

しかしそれは、昨年までの記憶とは明らかに異なってきている。

私は再びはたらく喜びを知り得た。

何もかもが福祉のサービスによる恩恵であることに感謝を忘れず、10年遅れの春を満喫したいと思う。