にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村

理刹主義-躁鬱病と診断された女-

昭和生まれ、社会生活より閉鎖病棟生活の方が長い。病的被害者ではなく社会的加害者の自白。

ありのままの暴走

「ありのまま」を考えていたら結果的に制御するということになった。それも、今までは制御のうちに入っていなかった部分まで含まれるため一層しんどいような気がする。

 

そもそも「ありのまま」が分からなかった。

私はたとえばこうありたい、こうなりたい、こう見せたいという私自身を創り、常に演じてきた。そうでなければ日本における外界で生活を送ることができない。

 

なぜできないのか。

思想があまりに犯罪的であるためだ。

 

奇声をあげたい。

あいつを殴りたい。

あいつって誰?

あいつだよ、何笑ってんだよ頭にくる。

死ねよ。

お前が死ね。

なにかを解剖したい。

あ、そうだ。

ひとを殺してみたい。

だれなら迷惑が少なくて済むのか。

そうか、やはり私だ。

これから試しに私を殺してみよう。

 

だいたい、近頃は考えてたとしても頻度が極めて少なかった事柄が溢れ出てきた。

放っておくことができるキャパシティをはるかに超える考え、想像、妄想、悪夢、幻覚まがいなものが止まらない。

 

ありのままの私とはこの社会において存在してはならない。

そのくらいは理解できる。

 

しかしそれなら生きていても死んでいても同じだ。

同じなら、考えに支配されることがないラクな状態である方がいい。

やっと、何かを欲しいとも思わない。

私の「ありのまま」とは死ぬことなのかもしれない。

 

命がヒトであるうちに果たせることは限られているというわけのわからない話を聞いたことがある。

それの続きを聞ける可能性があるのは来月以降だ。

 

 

久しぶりに考えが行き過ぎてくたびれてしまったことと、ひとに会うことが怖く感じたことから作業を休むはめになった。

 

実際に行けばなんてことはなかったはずだ。