にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ

理刹主義-躁鬱病と診断された女-

昭和生まれ、社会生活より閉鎖病棟生活の方が長い。病的被害者ではなく社会的加害者の自白。

首吊り士の恩恵

ここ1週間以上、報道で必ず取り上げられる題材である。

 

ネット上で「死」をほのめかすことなど果てしなく安易だ。

「首吊り士」と名乗った男は実行に移した点にのみ、強いカリスマ性を感じる。

断片的でかつ作られた報道から真実を見いだすことは難しい。

思い切り勝手に情報を繋ぎ合わせると、彼は生活に困り果て、殺人を犯してまで金を強奪し自らが生き延びようとしただけである。顔を隠す必要などない、堂々とすればいい。

その手はずにインターネット上に溢れる、自らの命を安売りしなければ存在価値を見いだせないひとたちの中の9人が使われた。

十代半ばから二十代の女性、確実に自身より弱い立場の人間をターゲットとしていることに計画性を感じずにはいられない。

そこまでして、彼は生きたかったのだ。

私が生きることに追い込まれたら、果たして人を殺しそれを隠し通そうとするのだろうか。

 

被害に遭われた方々は死に急ぎたいのなら他に手段がいくらでもあったはずだ。

精神を病むという表現では真意をとらえかねるが、一般的にそういわれる症状にあった場合、実際は本当に死にたいのではない。

時間の経過か何らかの刺激があれば症状は緩和されるものだ。

私が自らを殺したい願望に突発的に堪え難くなったら、果たして「第二の首吊り士」を探し殺されに出向くだろうか。

死と真っ向から直面した時、初めて本能が逆らうものだ。

たとえばどれほど身体に有害な物質を入れたところで、身体はそれらを排除するために動く。

 

これが殺人だから明るみで大事になっている。

性的暴行や売春など、数え切れないほど揉み消されて、あるいは被害者の意思で隠されているに違いない。

 

昨今のインターネットでの人々の繋がりとは表現する言葉が見当たらないほど浅はかだ。

別の報道で聞いたところによると、実際には知らない人間たちとの繋がりに関して自身のことのみ特別視し、自分の持つ繋がりは大丈夫だと思い込む傾向が強いらしい。

何らかの心理的な分析があったが、いささか信じがたい。

私の子供は大丈夫だなどとは到底思えない自信がある。

 

死にたいと考える時間の期間が長く、間隔が短くなったような気がしたところで、倦怠に身をゆだねるしかないこの頃では感情が非人道的に流れているのをなんとなく感じる。