にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ

理刹主義-躁鬱病と診断された女-

昭和生まれ、社会生活より閉鎖病棟生活の方が長い。病的被害者ではなく社会的加害者の自白。

再会とウツ状態

外来診察にて、ウツ状態であると診断された。

いまいち実感がない。

 

確かに着替えも億劫で受付終了時間ギリギリまで自宅にこもり、部屋着のスエットのまま化粧もせず外出した。

近頃作業所へ通う足取りも重い。

 

不安定な状態で安定(物議をかもす表現)していた数週間が躁とウツが混ざっていた時期であったと取れるらしい。

今までは自覚もなくこの時期に入院することが多かった。

しかし実際のところ、周りが本当に迷惑する時間は短期間である。

 

過去に経験した明らかな鬱状態が私にとってあまりにも甚大なものであったためか、今の程度でウツといってしまってよいものなのか、受け入れられない。

こんな状態をウツと呼べるなら世の中ラク過ぎる。

身体は動かせるし周囲に興味がわく瞬間もある。

何より文書を打ち込める。

 

果たしてこれはウツ状態なのか。

 

鬱の程度の問題であることにすればよいかもしれない。

現在の私は極めて軽度のウツ状態だ。

この先、重篤になるのか躁転するのか、まったく読めないから不安であるだけだ。

 

時間が過ぎることをただ待てばよい。

 

帰りに病院の敷地内で10年ほど前とてもお世話になった看護師さんと通りすがりにお会いした。

当時22〜23歳という若さで半年以上入院していた患者は私だけで、彼女はおそらく母親世代に当たる方である。

保護室に隔離されそこから出なくて構わないと思い続けた、それこそ比較的ひどく鬱状態であった私に毎日、日勤終わりに会いに来てくださっていた。

 

今、B型支援に通っていると伝えられたことが嬉しかった。

何も変わらないと言えばそれはそれでよかったのかもしれないが、しかし来年ではなく、今年通所し出したことを初めて光栄に思った。

明日からまた継続しよう。

 

そう思える私はやはりウツ状態てはない。

これを「普通」にしたいだけだ。