にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ

理刹主義-躁鬱病と診断された女-

昭和生まれ、社会生活より閉鎖病棟生活の方が長い。病的被害者ではなく社会的加害者の自白。

空ばかり見てどうする

おそらく被害妄想というやつだ。

 

今さら何を後ろめたく思おう。

 

 

実在する人、記憶の中の人、夢の中の人、すべてのひとから見下されている。

前から知っていた。今さら働く能力などないことを知っている。働いたとしても極めて劣等であることを知っている。

 

昨日からなぜだか知らないがよく涙が出る。

 

見下されると感じるのは、見上げるからだ。

見上げればいい、涙はこぼれないし夜の星も見えるかもしれない。昔誰かがうたっていたことだ。

ただし見上げる先の視線をまず現実的な範囲で定めなければならない。

 

見下されるとは、良い気がするものではない。

自尊心がだいぶくたびれたのだと思う。

 

私もいつかひとを見下すのだろうか。

そうではない、今でも人様を見下している。

最も下等な生物は私であると特別視して周りを見下している。

なんだか様子がおかしいということに気がついたものの、打破できる具体策が見当たらない。