にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ

理刹主義-躁鬱病と診断された女-

昭和生まれ、社会生活より閉鎖病棟生活の方が長い。病的被害者ではなく社会的加害者の自白。

テンションが上がる傾向

症状あるいは性格に新たな発見があった。

集中をある程度の時間持続させると、テンションが高くなる。

適度な休息を合わせ、だいたい5時間経過すると症状が顕著になるような気がする。

一般的な労働時間よりはるかに短い。

 

まだ断定はできないが、過去にも思い当たる節が度々ある。

まともな睡眠をとらずに約10日間、作業に没頭し続けた時などもそれだったのかもしれない。

 

テンションという言葉をたとえば緊張感と直訳すると、身体的には38.5度以上発熱した場合、私は苦痛を感じることがほぼない。

むしろ爽快な気分になる。

こちらも何か関係していそうだ。

 

発熱時は防ぐことができないとしても、疲労(?)による感情の高ぶりは制御できるようになればだいぶ便利だ。