にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ

理刹主義-躁鬱病と診断された女-

昭和生まれ、社会生活より閉鎖病棟生活の方が長い。病的被害者ではなく社会的加害者の自白。

思い込みエビリファイ

作業所に通うようになってから初めて朝の薬を飲み忘れた。

過去、薬の飲み忘れは頻繁にあったものの、人々に規則的に会うようになってからは忘れないよう心がけていた。

飲み忘れに気付いたのは通所道中で、Uターンするともはや間に合わない場所まで来ていたため諦めた。

正直なところ、私は自分が飲んでいる薬の効能をそれぞれにはっきりと認知していない。

入院中、あるいは外来にて都度説明は受けるものの、その場しのぎで覚えたふりをしてはすぐに忘れてしまう。真剣に覚えようとしない。

なんとなくの記憶で、朝飲む薬にはどちらかというと気分を高める効能があるのだと思い込んでいた。

そのため飲み忘れに気付いてからはどうも頭がぼんやりとしているような気になっていた。月経が近いこともあいまっているということは念頭には置いた。

 

帰宅後すぐに服薬し、この際なので朝薬、エビリファイの効能を今一度、厳密には初めて検索した。

 

いくつかの説明を読んだところ、恐ろしくもエビリファイには躁を抑える効能があるらしい。

これはおそらく、今の私にとって最も大切な薬である。そして思い込みとは怖いものだ。

これを機に、過去から現在にわたり飲んできた薬を1つずつでも調べ、しっかりと知っていこうとゆるく決めた。