にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ

理刹主義-躁鬱病と診断された女-

昭和生まれ、社会生活より閉鎖病棟生活の方が長い。病的被害者ではなく社会的加害者の自白。

障害者ががんばってるの見て面白いですか

タイトルは24時間テレビの裏番組で載せられた文である。

障害者の夢に対し、健常者が考える夢とのズレをとてもユニークに描いていた。Eテレの「バリバラ」という番組だ。

再放送も含め視聴し、この番組にようやく慣れてきた。純粋に面白いと思うようになった。

ほんの少し前、私はこの番組のことを「障害者を大袈裟に尊重する番組」だと形容した。

 

risetsu.hatenadiary.com

 

たった30分では、おそらく大袈裟なくらいでないと伝わらないのだ。

そしてレギュラー出演者の個性や障害をもっと知りたいと思うようになった。

視聴したことがない方がこの文書を読んでらっしゃったとしたら、ぜひ何度か視聴してみていただきたいと思う。

 

番組最後に「この番組がなくなることが我々の夢だ」とさりげなく発言していた。

おそらく10年では叶わないことだろう。

笑わせてもらいながら、応援していきたいと素直に感じた。

 

出来ることなら、何らかの形で精神障害への幅をさらに広げてもらいたい。

日本社会の障害への認識は今なお身体障害、知的障害に留まる。

贅沢に無理やり表現するならば、精神障害が認知された社会への進出ではなく、精神障害を認知した社会へ進出することが私の夢だ。