にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ

理刹主義-躁鬱病と診断された女-

昭和生まれ、社会生活より閉鎖病棟生活の方が長い。病的被害者ではなく社会的加害者の自白。

先導者の憂鬱

おそらく、ほんの少しでも調べれば事実は明らかになることであろうが、勝手な憶測をする。

史上に名の残る先導者、預言者、独裁者などと呼ばれる人物。

彼らは、ほぼ例外なく精神障害者だったのではないかと考える。

彼らには人並みはずれたカリスマ性があり、他の人とは違う何らかの「珍しい能力」が備わっていたのだ。ただしそれは人徳とも呼ばれることもある。

しかしその「珍しい能力」とは、たとえば幻覚症状や幻聴症状だったのではないだろうかとここ何年か考えている。

医学が追いついていなかっただけの話だ。

 

現代において、後世に名を馳せそうな首脳や組織が少なくないような気がする。

ある意味、激動の時代である。

逆に時代とは時とは、常に激しく動いているのかもしれない。

ただ個人的にやらなければならない目先のことは、先祖参りだけであることが甚だ億劫である。