躁うつ病(双極性障害)ランキングへ

理刹主義-躁鬱病と診断された女-

昭和生まれ、社会生活より閉鎖病棟生活の方が長い。病的被害者ではなく社会的加害者の自白。

妄想や幻覚ではないらしい

線路に入る

高所から落ちる

首を吊る

胸を包丁で刺す

などの図、または映像が鮮明に浮かぶことがある。浮かび続けることがある。一度も浮かばない日はここ何年も、ほぼないような気がする。

これらは一体何だ。

そうしなければならないような気になる。

そしていずれかを実行した後の自分が英雄かのように感じる。割と疲れる。

 

よく思い出すと、主治医からは強迫性症状だと言われたことが何度かある。

浮かんで来ることを我慢することはない、と、文字列のみからでは誤解が生じそうなことを言われたことも何度かある。

 

より強く、今にも飛び降りそうになるのは、決まって休みの前の日だ。

疲れていることは自覚できるようになったかもしれない。

やはり、何らかの発散方法を見出したい。

広告を非表示にする