にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ

理刹主義-躁鬱病と診断された女-

昭和生まれ、社会生活より閉鎖病棟生活の方が長い。病的被害者ではなく社会的加害者の自白。

急な躁転(原因不明)

久しぶりに「とても」ハイテンションだ。

危険な気がするのでできる限り冷静に状況、状態を分析する。

 

なんとなくそわそわしていたので散歩をした。

清々しくなった。

帰宅後ラジオ体操、筋肉トレーニング。

落ち着かないのでタバコを吸った。

なお変わらないため仮眠をとり落ち付けようとしている段階、近隣住宅の生活音がやたら耳障りに感じた。

寝付けない、様々な過去の友人知人が浮上、想像が想像を呼びわけが分からなくなる。

親族に電話にて危険信号を送ると、「楽しいこと」を想像すればよいのではというアドバイスをもらう。

少しだけ考えた時点で火に油だと気づく。

涙が出る。

そして声をあげて笑う。

「みんな死ね」「殺せ」「殺す」などと声を上げながら高笑いはしばし続く。

あとはたとえ匿名のインターネットであろうと記載出来かねる具体的で犯罪的なことを想像し続ける。

 

今がチャンスかもしれないと、メモを取り始める。

 

そんなところで涙も乾いた。

昼食を摂りそのまま横になろう。