読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

理刹主義-躁鬱病と診断された女-

1986年生まれ。 2002年、精神科受診を余儀なくされる。 2008年、精神科閉鎖病棟入院(病名不明)。 2011年、躁うつ病と暫定。 2017年までの約10年間入退院を繰り返す。

頭を打ち付けること

高校の頃からだと記憶する。

思考がまとまらない時、発信が思わしくない時、苛立った時など、自発的に思い切り床や壁に頭を打ち付けることがあった。

学校、病院、自宅、親族宅と、場所を選ばなかった。

周りから見れば奇怪な行為だ。

しばしば、それを自重してきた。

自重できるようになったのだと過信してきた。

昨日、思いがけず自宅の扉に頭をぶつけた。

一過性の痛みとともに、強烈な爽快感があった。

過去、頭を打ち付けることによってすっきりしてきたことを思い出してしまった。

出来ればなるべく硬い壁がいい。

コンクリートが望ましかった。

1人でいる時なら、何らかの発散方法としてまた利用するかもしれない。