躁うつ病(双極性障害)ランキングへ
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

理刹主義-躁鬱病と診断された女-

昭和生まれ、社会生活より閉鎖病棟生活の方が長い。病的被害者ではなく社会的加害者の自白。

趣味、目的、減量

ここ数日のことだ。

派手なようで地味な運動をこまめにしている。

いわゆる減量目的である。

入院中の運動量激減生活が尾を引き、いつの間にか体重が増加していた。

我が家には今まで体重計がなかったが、ちょっとした切っ掛けで購入してみたことが始まりとなった。

こんな身近、というより自分本体に実験材料があったことに驚いた。

これまで、自分の意志で体重が大幅に増減したことはない。

すべて病状のためだと、諦めていた。

たまたま極端に減っていった時期はラッキーだと思っていた。

私は現在、決して普通体型ではない。

そこを病気だの薬だののせいにするのはやめようとしている。

いつまで続くか分からないものの、ウォーキング、ラジオ体操、筋力トレーニング、軽いエクササイズに加え、食事制限も取り入れた。

夜中、空腹で目が覚める。

そこを我慢することが何かの業のような気がして今のところ面白い。

食費も減り、これほど経済的な遊びはないだろうと思う。

広告を非表示にする