にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ

理刹主義-躁鬱病と診断された女-

昭和生まれ、社会生活より閉鎖病棟生活の方が長い。病的被害者ではなく社会的加害者の自白。

ヴィジュアル系の呪縛

小学校高学年頃から、上に兄弟がいるわけでもないのにバンド構成の音楽が好きになった。

当時バンドブームで、「ヴィジュアル系」という言葉が生まれ、売れたのもこの頃からだ。

私の周りには私が特別に好きなバンドを理解してくれる友人がいなかった。

ひとつ、特別に贔屓して聴き込むバンドがあった。そのバンドがたまたま「ヴィジュアル系」という部類に入っていた。

そのバンドのコンサートにはいまだに、たまに足を運んでいる。頻度については激減させ、現在の悩みどころである。

学生の頃はアルバイト代で遠くまでコンサートを観に行き、熱狂することが「生きがい」だったように思う。

当時からの知り合いが知れば、あいらはまーだそんなのを聞いているのかと呆れることだろう。

 

この類の音楽を好む、特に少女には「不真面目」という偏見が持たれがちである。

誤解のないように書くと、高校生になってからできた音楽の趣味が合う友人たちは真面目に勉強をし、当然のことだが学校に通い、現在の社会的役職で挙げるなら医師、デザイナー、システムエンジニア、店長職など、様々な職を立派にこなされている人がほとんどだ。

中にはそういった偏見を毛嫌いして自分はそう思われたくないから日常生活をきっちりすると豪語する子もいた。

つまり音楽の趣味で人間性を否定することは太古の風習であるということを書きたい。

 

話を戻すと、私は未だに二十年以上前から十数年前の音楽を聞くことがある。

自分にとって新しい音楽を取り入れることがもはや億劫であったりする。

それでも、いわゆる「ヴィジュアル系」をほんの少しでも目にしたり耳にしたりすると血が騒ぐ。

黒、赤、白を基調とした衣装を身にまとい、髪の毛はほぼ逆立てられる。非日常的な化粧がほどこされ、十字架やドクロ、血糊を使った小物から独特で毒々しく排他的な「ヴィジュアル」の表現、音楽性は多岐にわたるが、題材は「死」や「性」、「異常」、「孤独感」で思春期の少年少女をターゲットにしたものが多い。

子を持つ親だったなら、それだけで聞かせたくないジャンルになるだろう。

 

高校から卒業する年頃になると、ほぼ付き合いで観に行くコンサートも自然と増えた。

その中にあったバンドのひとつ、当時は正直あまり好きではなかった部類のものが、入院中ずっと頭の中を流れていた。

その曲もすべてが好きなわけではない。

名のあるバンドではなかったので、CDの出回りも少ない。

当時はカセットテープに録音してもらったものを聞いていた。

そんなちょっとした曲が頭を離れなかったので、iTunesで探したものの、発信はなかった。

そこでようやく思い立ち、YouTubeで検索をしてみた。

すると、あったのだ。

ずっと、もはや聞きたいという願望になっていた曲たちがたくさん、結果に反映された。

その中の1曲を耳にした時、涙が出た。

曲調は異様に速く、とても涙するような歌詞にはとらえがたいものである。

 

諸説あるものの、このバンドの作詞者は若くしてこの世を去ったという事実をずいぶん後になってから知った。

彼は、実際のところ何を伝えたくて叫び続けたのか。

不必要に美化してしまう。

 

死ぬ気になれば何でもできると

人は言うけれど

死に方しか考えられない

 

そう、歌い叫んでいる。