読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

理刹主義-躁鬱病と診断された女-

1986年生まれ。 2002年、精神科受診を余儀なくされる。 2008年、精神科閉鎖病棟入院(病名不明)。 2011年、躁うつ病と暫定。 2017年までの約10年間入退院を繰り返す。

強迫症状と発信〜躁鬱病ブログ

病状の考察

虚しい。

存在することが虚しい。

胸の辺りが冷たいように感じる。

こういう時、年末までは頓服薬を飲んで寝ていた。

しかし我慢していれば、その時によってかかる時間は違うものの治まるということを発見した。

今は時間だけはある。

もう薬は多く飲みたくない。

冷たくなる頻度が減ってくれれば、きっと動きやすくなる。

ただし抑えが効かない動きはしない方がマシだ。

 

何かやりたいのだけど何をすればいいのか分からない。

だから文字にすがる。

 

躁状態から鬱状態に転じる時期、あるいは混ざる時間、だいたいが眠気は感じない。

たとえば何を考えるのか。

 

私は幼少期から工作ものが好きだ。

だから何か、前代未聞の芸術活動をしてみたいと密かに考える。

出来ると思えてくる。

しなければならないと思い込むようになる。

そうすると想像だけが一瞬で広がり大変疲れる。

当然、その想像が長期間続けば続くほどに疲れは増す。より詳細な部分まで想像はおよぶ。

夢とか希望とかいった類ではない。医学的に指す妄想とも違う。

思い込みを現実だと錯覚するのだ。

これは、一種の強迫症状であろうと医師に言われたことがある。

非人道的なことや犯罪、自傷的なことを具体的に鮮明に思い込むこともある。これらの方が頻繁で厄介だ。

 

ふと、ある時。本当にある時、すべて思い込みなのだと気付く。

ただの想像であるから、実行しなくて済むのだとようやく認識する。

取り越し苦労だったと、壮絶に気がラクになる。

おそらく、今この頃、最も苦しいものは強迫症状だと思う。

どこまでが現実的な想像で、どこからが非現実的な想像なのか、自分では分からないことが多い。

「インターネットで発信すること」は現在の私にとって非現実的らしく、やめた方がよいという助言をいただいたくらいだ。

助言は助言として受け止めて、他者との交流を比較的避けられそうなこのツールを選んで発信している時点で私は真っ当ではないのだろう。

 

…と、文字に逃げている間に胸の冷たさがなくなってきた。

なんでもいい、何かに集中することは良いことだと思う。

 

虚しい時間はただただ、ゆっくりと流れていくだけ。