にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ

理刹主義-躁鬱病と診断された女-

昭和生まれ、社会生活より閉鎖病棟生活の方が長い。病的被害者ではなく社会的加害者の自白。

躁からウツ

秒読みする余裕のない死

身体に激しい疲労感を覚え、日中3時間ほど寝ていた。 夜になって疲労感は増し、それでいて寝付けなかった。 やはり2時間ほどの睡眠で目が覚め、その後ぼんやりとしている。 ぼんやりとしていると、極めて新しい些細な記憶(事実)から、生きる気力を奪われ…

鬱病の鬱状態との違い

気分が落ち着かずそわそわする。 そしてひどく落ち込んでいる。 切っ掛けが何かは思い当たらないものの、激しい躁状態でいた7年前の夏のことが鮮明に思い起こされる。 この際だから落ち込んだ状態、比較的冷静な状態でひとつ自白しておこうと考えた。 …しか…

言葉を選ぶということ

精神科にかかっている人たちの集まりでは、雑談の中でも適切な言葉選びが必要である場合が多いと思う。 様々な境遇の方がいらっしゃり、これは精神科に限ることではないが互いにそれぞれの全てを語るわけではないため決断が難しい。 断片的な情報から憶測す…

死に至る過程

私はどこか、自分が特別であると勘違いすることがある。 まったく、そんなことはないのだと思いたいし、事実、特別ではない。 では、普通か、一般的かと問うと、そういう気もしない。 いったい何なんだ。 何をもって特別なのか、考えることもある。 それを考…

楽しい気持ちと脱力感

現在、退院3日目の晩です。 疲れました。 楽しくて、疲れました。 久しぶりに声を上げて笑いました。 笑ってもいいのかと安心しました。 体力面の問題もありますが、身体がだるいです。 意欲はあるものの具体的なものではありません。 主治医によると、これ…