読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

理刹主義-躁鬱病と診断された女-

1986年生まれ。 2002年、精神科受診を余儀なくされる。 2008年、精神科閉鎖病棟入院(病名不明)。 2011年、躁うつ病と暫定。 2017年までの約10年間入退院を繰り返す。

情報の意義

インターネットは嫌いだ。 普及し出した頃から得意ではなかったが、嫌いな部類は近年SNSだけだと思っていた。 しかし安い買い物やオークション、調べ物、おおかたすべてに及んできた。 自分の想像以上の芸術作品を簡単に目の当たりに出来てしまうことや、目…

小さな世界で

極めて狭い世界で生きていることを自覚している。 今以上に広がることは厄介だ。 何らかの、時代にそった文化的な事物に触れることは良いことかもしれない。 そこから「世界」もとい「考え」は広がる。 ただでさえ持て余す想像を、これ以上広げても利益はな…

平穏の代償

退院してから、こんなに穏やかな気持ちで長時間過ごすことはなかったくらいに気持ちが穏やかである。 穏やか過ぎて怖い。 こんなに安定した気持ちでいつまでも過ごすことが出来たらどれだけラクだろうか。 ただし意欲もない。 最低限の家事をして、あとはず…

時給70円の野望

就労継続支援事業所の見学説明会に参加し、利用申し込みをして来た。 規則正しい生活、軽作業と人との交流が私としての目的である。 とても久しぶりに電車に乗った。 役所関係の申請手続きが多く、早くても5月頃からの利用になる見通しとのこと。 季節の頃…

社会という呪い

先月だろうか、新聞で「呪い」は罪になるのかという問題が取り上げられていた。結論から書くと、呪う行為そのものは罪に問えないが、それを元に対象の人物を脅したりすると罪になるのだという。これは由々しき事態だ。なぜならば私も出来ることなら他人を呪…

同価値ではないモノ〜躁鬱病ブログ

この日も、私は精神科閉鎖病棟のベッドにいた。 意欲がなく、ただ横たわっていた。 ゆっくりとした大きな揺れに、不謹慎にも遊園地のアトラクションかのような錯覚を覚えた。 依然と動く気力もない。 同室のおばあさんが「こわいよぉー、こわいよぉー」とう…

街を歩けば〜躁鬱病ブログ

街を歩いてみたいと表記した。 ちょっとしたキッカケで、少し栄えた隣町に出向いて歩いてみた。 引きこもって餓死したいほどに刺激が強すぎた。 この時期は卒業シーズンだから尚更である。 また、3月は自殺防止だか予防だか強化月間らしいことを大きな広告…

ようやく行動〜躁鬱病ブログ

来週、市内にある福祉支援施設へ見学説明会に行くことになった。 友人たちの行動力(引っ越し、旅行等)に負けていられないとようやく重い腰が上がった感じだ。 その施設はB型支援である。 様々な理由から、すぐさま利用できなくても構わない。 ただ、公共…

金の使い道〜躁鬱病ブログ

何年かにわたり、障害者基礎年金を受給させていただいている。 障害者手帳は2級だ。 実家暮らしであるものの生活は苦しいため大変助かっている。 数年前は受給金を「自分の金」ととらえて(と書くよりなにも考えず)使わせていただいていた。 しかしこのと…