にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村

理刹主義-躁鬱病と診断された女-

昭和生まれ、社会生活より閉鎖病棟生活の方が長い。病的被害者ではなく社会的加害者の自白。

閉鎖病棟からやり直す案

これもまた1つの現実逃避だと思われる。 ライフイベントとして入退院を組み込まないとなかなかリセットできない。 まだ保険に入り直していない。 そこまで具合がよくないかというと、そうでもない。 ただのわがままだ。

恋をすること

激しい恋愛感情とは、私の場合おおかた躁状態を孕む。 私の恋人は喜怒哀楽の表現が乏しく感情が希薄である。また、あまり話をする方ではない。 だからある意味バランスがとれている。 たとえば感性豊かで話好きな男性に心が惹かれないこともない。 4〜5年…

睡眠障害と意欲低下

中途覚醒がいつになってもなくならないことをほぼ諦めている。 何年も、朝まで一度も目覚めなかったことなどない。 具体的には4時間以上連続して睡眠をとることが困難である。 これはおよそ睡眠障害と呼べるだろう。 加えてここ数日は著しく意欲が低下して…

久しぶりに強く不安定

3連休で眠りすぎている。 やや微熱があったため市販の漢方薬を買ってきて早めに飲んだ。 ここへ来て風邪をひいたのでは笑われる。 なんだか3〜4年前のことが思い起こされてひどく落ち込んでいる。 当時夜中になればいつでも線路にかかる陸橋へふらふらと…

季節が変われば

眠気と気だるさが強い日が続いている。 これだけ続くのも近年めずらしいため、ついに季節のせいにしてみることにした。 季節性の気分変調は存在するのだと思う。 ただし私の場合、どの季節に変調をきたすのかが特定できない。強いて挙げるなら冬であるが、明…

抑えた事故死

情けない。 本気を出せば全日通所が可能なのではないかと勘違いしていた。 本気を出して出来るなら何年も前から滞りなく働けているのだ。 本気だとか本気じゃないだとか関係なく体がいうことをきかない時があるから訓練をしているのだ。 外に出て大通りに飛…

心持ちが悪い

深刻ではなく、穏やかに希死念慮が流れることが近頃少なくない。 果たして気分的に1日もつだろうか。 これはおそらくピア的な発想から来ているような気がする。 誰かに支えてもらうことはとても助かる、しかし私自身誰かを支えようなどと到底おこがましい話…

働くために死ぬ

たとえば再び就労できたとする。 そうした時、私は常に、死んでしまいたいと思いながら働くのではないかと感じた。 しかも昔の私は、常に死んでしまいたいと思うことは人間として当然のことだと考えていた。 どうやらそうではないらしいことが、最近わかって…

特に何も感じない時

そんな感覚を維持できることが理想なのではないかと思った。 今日は朝からずっと眠気が強かったがそこそこのスケジュールをこなし、体も動かした。 帰り道で落ち込むこともなく、調子に乗ることもなく、なんだか嫌だと思うこともなく、 だからといってラクで…

無意識なストレスの意識化

近ごろ事業所でストレスについて学ぶ機会が続いた。 近年、私はストレスを過度に感じることはほぼなかった。 それが「ストレスに気づいていなかった」だけのことであることが分かってきた。 数年前、ひどい強迫性症状に見舞われることが多かった頃は常にイラ…

リカバリー、受け止める力

やや低下した気分から浮上して来そうなこの頃である。 ついに2年越しのピアサポート講座に参加した。 ピアサポートでいうリカバリーとは、回復そのものではなく過程を指すことが多いのだそうだ。(リカバリーの定義は個人により異なる) そういった意味で私…

堕胎と現実

2011年の秋に私は生涯初めて妊娠し、初めて堕胎手術(※)をした。 最初で最後にしたいと強く思っていた。 当時は量にして現在の3倍近くの精神科薬を飲んでおり、効能も強いものが多かった。 はじめに行った一般的な産婦人科では「こんなに薬を飲んでいる人を…

我が家には小型犬がいる。 もう6歳になる。 それまでペットとは無縁な生活を送っていた。 キッカケとなったのは、やはり私の躁的思考だった。 当時、周囲で「アニマルセラピー」という言葉がなんとなく流行っていた。 それは抑鬱状態との診断から自覚なく躁…

目指す就労と現実

私には強い就労願望がある。 しかし私には明確な就労イメージがない。 働きたいというだけで雇ってもらえるのは日本では千と千尋の神隠しの中の話だけかもしれない。 そこに志望動機はいらなさそうだ。 障害者雇用合同面接会なるものの求人票を拝見し、今の…

集団ストーカー、テクノロジー犯罪

少し検索するだけで、様々な所見がある。 これらのことを、私は今日知った。 私は集団ストーカーもテクノロジー犯罪も厳密には存在しないと考える。 ただ、明らかにこれに遭っている統合失調症患者が思い当たってしまった。 私は彼のその話に対し冗談を交え…

充実感を覚える時は躁

これは高校時代からの私を振り返っての持論だ。 演劇部でバリバリに目立ちたかった頃は私は演劇だけしていればいいという妄想を抱き「この高校に入って本当によかったと心から思っています」と恩師への年賀状に添えたことを覚えているし、 ヴィジュアル系の…

配慮と悪意

これは聞いた話で 障害者雇用で働いている方が他の一般の社員の方から 「鬱の人っていつも死にたいと思ってるの?」 といった事柄を言われたことを気に病みケースワーカーに相談したというものがある。 相談することなのだろうか。 想像するに私はまったく気…

クワイエットルームの呪縛

クワイエットルームにようこそ 発売日: 2013/11/26 メディア: Prime Video この商品を含むブログを見る 2007年のものらしい。知る由もなかった。 今秋、「閉鎖病棟ーそれぞれの朝ー」という映画が公開になることが一部で話題になっていることを映画好きな実…

2年半振りの変薬

たった一度ではあるが、まるで夢遊病のような症状があったことを主治医に伝えた。 専門的なことは分からない、過去にベゲタミンを飲んでいたことから、長いことフェノバールに変わっていたらしい。 この度レンドルミンという、ポピュラーで緩やかな薬になっ…

「当たり前」を広げる

世の中には当然すべきことが数多ある。 それをなかなかこなせないところが私にはある。 たとえば、朝起き上がること、 たとえば、欠席せず勤めること、 たとえば、夜起きることなく眠ること、 これが2年前であると たとえば、自分の名札が付いた下駄箱があ…

過度な負荷

朝は月経前のひどい眠気に見舞われて起き上がることが困難だった。 なんとか、今の事業所での一旦の区切りとなるまであと2日であることから気力のみで通所した。 一気に暑い季節になった。 午前の作業はおおむね問題なく遂行し、昼休みもほどよい交流を持っ…

耐えられる人、耐えられない人

環境とは人が創り出すものであり、その人自身もまた環境の一部である。 なんとなく、あまり良くない出来事があった。 まったく冗談の範疇で、私は他者から「首を締めますよ」と言われた。それは物理的な意味でだ。 瞬時に冗談めいていると受け取ったが、それ…

ストレス探しのストレス

昨晩、夢遊のような症状が現れた。明らかになんらかの負荷が限界を超えている。 他者と交流するとき、無意識のうちに負荷がかかっているものだ。 その交流を「楽しい」と感じるときと苦痛に感じるときがあるのかもしれない。 前者が圧倒的に多すぎて麻痺して…

障害者雇用

8時間労働を5日間で週40時間になる。 一般的といわれる労働時間であろう。 10年以上前、私は一般的なことを当たり前のこととして遂行することができていた。 ちなみに週60時間を超える労働も続いた。 それは若さからの力があったためだとは、主治医…

不安材料を計り知る

B型から就労移行への計画相談の書き換えをおこなった。約1時間半におよんだ。 当たり前といえば当たり前のことであるが、何百、何千という利用者の相談に携わってきているであろう精神保健福祉士の方の言葉のまとめ方や的確さには毎度脱帽だ。 自身のこと…

就労移行の旅・終

結果として6件の事業所を見学体験した。 すべてに意義があった。 決断まで、周りから見れば時間を要したかもしれない。私の中ではおおむね見込み通りのスケジュールとなった。 移籍の段取りに関しては驚くほど速く、近年では珍しいほどに慌ててしまった。 …

適切な睡眠量に基づくエネルギー配分

久しぶりに躁転の兆しがあった。 原因の1つに時間的に不十分かつ熟睡感のない睡眠がある。近ごろは長時間眠ったとしても中途覚醒を繰り返し熟睡感がなくだらだらとすることが少なくなかった。 眠気が残り思考能力は高くはない、体調面も万全とはいえない状…

10年のブランク

私には最後の一般就労からほぼ10年のブランクがある。 どう寛大にとらえようとも、長すぎる。 ここ2年あまりの社会参加で感覚が麻痺していただけだ。 事実「お前は10年、働いていない」 就労移行を見て回り最後となった事業所で知らしめられた。 ああ、…

効果的な死に方

こういった事柄を考えるのはおおかた躁寄りの時だ。 近頃よく動いている。 疲れているような自覚があるのにも関わらず眠りにつくことができず2時間が経とうとしていた。 唐突に明確に自殺することを考え始めた。 たいていは高所から飛び降りる風景を思い浮…

就労移行の旅

開示雇用へ挑戦を一度はしてみても損はないのではないだろうか。挑戦しなければ失敗もできない。 失敗後のルートもいくつか考えつく。 ゴールデンウイーク明けからいよいよ本格的に複数の就労移行支援事業所を見学、体験にまわっている。 私にとってはややタ…