にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村

理刹主義-躁鬱病と診断された女-

昭和生まれ、社会生活より閉鎖病棟生活の方が長い。病的被害者ではなく社会的加害者の自白。

無力感

脳を酷使したと思われる。 考えて発表すること、まとめる事柄が一日のうちに3件あった。 普段いかに考えないで生活しているかが浮き彫りになった。この程度で根を上げていては話にならない。 あるいは、現在の私の力量で同日に別件を重ねてはいけないのだろ…

開き直るよりも

何とはなしに、私が死ぬことを具体的に想像している。 楽しかった。私の人生の最後の2年は楽しかった。 それでいいじゃないか。 不意に、コピー用紙で指先を切る瞬間の記憶がよみがえることがある。 それだけでひやっとする。そんな程度では死ぬ想像たるや…

対等とは(模範解答1)

すべてのものは本来対等である。 ただし、我々はそれらを区別している。 「くそみそ」という言葉になる。 物事を善悪、美醜などの区別をつけないで扱うことをいうが、我々は「くそ」を椀に入れて食べようとはない、しかし「みそ」は湯で溶いて口にする。 そ…

良質なストレス

意気込んだものの、睡眠時間の管理は相当困難だ。容易にできるのであればこれまで苦労していないのだろう。この有り様が当たり前だ。 先日は精神福祉の学習会にも参加していた。その学習会の中で体験発表をさせていただいた形だった。 保健師の方の講演があ…

体験発表2

精神福祉のボランティアの方々の学習会にて、「社会復帰を目指している人の体験発表」というテーマのもと体験発表をする機会を頂戴した。 前回の体験発表の場に居合わせた数人のボランティアの方たちからのご依頼であり、こうして発表することが断続的にでも…

金と引き換えに

生きるためには金がかかる。 産まれる時にも金がかかる。 死んだ後にも金がかかる。 当たり前のことなのにもかかわらず、どこか違和感を持つ。 当たり前のことを受け入れらない側の方がどうかしているということもまた、分かる。

何処で何をしたいか

主治医の見解が変わってきている。 今日たまたま、普段と違っただけかもしれない。 医者も人間だ、数えきれないほどの患者ひとりひとりに対して発言したことなど一言一句違わず覚えている方がどうかしている。 半年以上前である、主治医は私に対し、一般就労…

明日は休む

日付が変わった。 今日は事業所に朝一番で欠勤の連絡を入れようと決め込んでいる。 理由のひとつは通院だけでかなりのエネルギーを消耗することが大いに予測されるためだ。 近頃は通院日も午後は作業に参加する方針を固めたため大変不本意である。昨日のうち…

はたらくこと

働ける人 働かない人 働かないと生きていけない社会 働かなくても生活できる制度 働きたい人 働きたくない人 働かなくても生きていける人 働かないと生きている気がしない人 働くことを考える。

挑戦することと維持すること

先々のことを思い悩む。 こういった傾向が見られるのは鬱から明けてきている証拠かもしれない。 私はおそらく元来、仕事が好きだ。 物凄くわがままなことを書くと、仕事に生きがいを見出したい。今からでもキャリアを積みたい。今からでも専門的な分野でのし…

迷ったら、しない

先日テレビ番組で短時間取り上げられた双極性障害について、注意すべきことである。 「迷ったらやらない」この点にのみ強く共感した。 近ごろは、なんとなくであるが「あの時あれを言わなくて良かった」と思えることが増えてきている。 「どうして言ってしま…

何のためにどう使うか

事業所の今後の使い方の方針だ。 この2年はとても早く感じた。これからの2年をどう過ごすかは大変重要であると考える。 12月から軽い鬱状態が続いている。 軽いとはいっても、中には動くことが困難な時もあった。 一般就労やA型事業所など、まだまだ現…

殺していいだろうか

自宅にこもりきりの生活ではなくなって本当によかったのだろう。 しかし混沌としたきっかけも外での業務による疲れだ。 テレビからの情報がわずらわしい。 記憶を殺したい。 私の命を間違えることなく消したい。 これだから精神は使えないと言われている場合…

障害者である前に

精神障害を理由に逃げることに違和感を覚える。 逃げる、という言葉では不適切である、この記事に関しては「言い訳にすること」と付け加える。 私は精神障害者だと言って開き直ってきた過去、それは躁状態の時に強くあった。 相手が医者だろうと警察だろうと…

頭がいい人、勉強ができる人

これは多くの精神疾患に関していえることとして、真面目な性分のひとがかかりやすいとされる風潮がある。 この現象は紙一重だ。 とある当事者曰く、「頭がよくなければこんな病気にはならない」らしい。 事実として、現在利用している事業所には名だたる大学…

拒食症状?

今週、食欲が極めて少なかった。今なお続いている。 私の場合、過食の傾向が強くなることは多々あっても軽い拒食のような症状はまれである。 何かを食べたいと思う、ただ、食べると胸焼けのようなものがひどく、度々嘔吐してしまう。 食べたい意思はあること…

体験発表

利用している事業所を法人内へ報告発表するといった催しがあった。(説明がやや難しい) 私は利用者のひとりとして「自分のペースで働くことの大切さ」というテーマのもと、体験発表をすることに立候補していた。 原稿はさっくりとスラスラ打ち込むことができ…

自己否定と自己肯定

ピアサポートに興味関心がある者も対象になる講座のようなものに参加することができた。 厳密なピアサポート講座でもなく、養成講座でもない。 今の私の体調では、養成講座にはまだ参加できるレベルではない。 この講座では実は身近に潜んでいたピアサポータ…

まだ軽度の鬱

気分の波は何年か前とは比べものにならないほど安定してきている。 それでもひととは、次から次へと貪欲になるものだ。 少し前まで、軽やかである状態より鬱状態の方がマシだという考えが固定されていた。 近頃、少し変わってきた。 なんとも、鬱状態で風呂…

うつ状態が軽い

先週診察にて1ヶ月の容態を伝えたところ、鬱傾向にあると言われた。 しかし私自身、まったくその自覚がなかった。 昨日、今日あたりになり、ようやく気だるさに見舞われつつある。 それでも、今までのうつ状態の時に感じた倦怠感とはまるで比べ物にならない…

根本の見直し

記録を付けることがとても久しぶりだ。 ここ数ヶ月、地域活動支援センターの利用が盛んであった。たくさんの方々と交流し、充実していた、ように錯覚する。 体調面は悪くはない。 ただしよくもない。 これを世では「普通」と呼ぶのかもしれない。 しかし「普…

震災うつ

認知度が低そうな言葉であるが、甚大な災害に見舞われてうつ状態になることは自然なことだと思う。 世の中は新しいうつ状態を馬鹿にする傾向が強いと感じる。 6日朝に流れる情報を見ていたら動けなくなった。 テレビを消せばいい。 しかしそんな発想もしば…

人並みの生活

この1ヶ月ほどほぼうつ状態にあり、現実逃避的な思考から自殺を考えたり実行に移しそうになったりしたことで再入院を考えたりもした。 そんなことを外来で話した。 主治医は普段以上に大らかであるように感じた。 体調が良い状態、悪い状態に一喜一憂しない…

何らかの現実逃避

なぜ、私が、自発呼吸を繰り返すことができるのだろうか。 この機能を欲しているはずの誰かに渡したい。 なぜ、人はひとを嫌悪するのだろうか。 なぜ、わざわざ人とひととヒトと人間とを使い分けてきたのだろうか。 なぜ、飛び降りるのだろうか。 なぜ、首を…

他の疾患者と関わること

私は精神疾患者だ。 重度か軽度かははかりかねる。 少なくとも現在の主治医から見ればやや重度寄りの意見書が出されていることが予想される。 躁鬱病の一般的にある主な症状として、私にも精力的に活動できる時と日常生活を送れないほど動けなくなる時との差…

ブレーキのない車

おそらく躁というエネルギーはガソリンにたとえることができる。 アクセルを踏むと発車する。アクセルとは何らかの思考だ。 アクセルは踏まれっぱなしで、どんどん加速する。 加速したまま急カーブをこなすことさえ快感に思えてくる。 この車にはブレーキと…

ピアサポート

ピアサポートという言葉を知ったのは昨年だ。 近い境遇にある障害者、疾患者へ向け、当事者が体験を語るものらしい。(この説明はだいぶ大雑把である) どうやら精神障害の分野において、この機会は多々あるのだそうだ。 近頃ではアメリカ発祥のWRAP(ラップ…

明確な自殺願望

近頃抑鬱状態である。 原因は安定してきているということへの過信、引き金は容量をはるかに超える作業をこなしたことだ。 それで2週間近く動けないのではどうしようもない。 安定している、もう大丈夫だと何度も自己暗示と啓発をした。 そのことがかえって…

安定?=我慢

私の症状は数年前とは比べものにならないほど安定してきている。 私は数年前までとは比べものにならないほど常に我慢を続けている。 本当は奇声を発したい。 本当は器物を破壊したい。 本当は死のうと思っている。 本当は他人を殴りたいほどに恨んでいる。 …

体調管理>気分管理

酷暑と呼ばれる暑さが続いている。 つい先日に、熱中症の初期症状と思われる症状に見舞われた。 すぐに浮かんだのは「体調管理も仕事のうち」という言葉だった。 これだから日本人は過労死するのだ。 しかし浮かび、思い出してしまったものは仕方がない、現…