にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ

理刹主義-躁鬱病と診断された女-

昭和生まれ、社会生活より閉鎖病棟生活の方が長い。病的被害者ではなく社会的加害者の自白。

SNSへの対処

あることが切っ掛けでSNSをすべて退会したと記したことがある。

 

切っ掛けとは、主治医からの禁止令だ。

 

躁に転じる時、具体的で犯罪的な事柄を一気に発信してしまう可能性が高いかららしい。

間違っていない。

 

そのためウェブログに逃げるというあげあしを取っていて、知り合いの誰にも内緒にしている。

こちらもコメント投稿は表示されない設定を選んだ。

ハンドルネームも過去にまったく使ったことがない類である。

内容が過激になる時こそ表現に気を遣わなければならないと思いながらも極端な発信は続く。

特に犯罪的な事柄を想像し続けてしまう時に限り、自己の決断で固有名詞は使わないようにしてきたつもりだ。

 

見ず知らずの方とでも、見ず知らずの方とのやりとりでこそ、過去、危険なことが少なくなかった。

過去に利用していたSNSでは、ほとんどが長きに渡る実際の知り合いとの繋がりしかなかった。

現代において、私はどちらかというとアナログなひとである。

 

ごくたまに、Twitterなど(これは厳密にはSNSではない?)から情報を得たくなる。

そう考えるときはテンションが高いときが多いような気がする。

 Twitterを利用しなくなったことにより、なんとなく知り合いだった人間が一気に減ったということに最近気づいた。

個人的な連絡先を知ってはいても、具体的に連絡を取り合う間柄の人間はごくわずかだ。

なんだか淋しい。

この辺りはだいぶ現代人である。

 

昨日か一昨日の記事にある、10代中頃からの友人たちの動向がとても気になったりもする。

しかし今更どの面を下げて、インターネット上ではどんな文面を使って交流を持ちたいというのだろうか。

 

希望と諦めの差し引きがゼロになり、行動に移すことはない。

すべてのはけ口がこのウェブログになっているということを今一度ご了承願いたい。

広告を非表示にする

結婚妊娠出産を考える

私は一般的にみて、公私ともに充実すべき20代がまるで抜けている。

同じ年代の人間がこなせること、手に入れられるものごとを私がこなす、手をつけるには、単純計算でも10年は遅くなる。

 

この前提を忘れてしまうことが頻繁にある。

 

私は10年、休んでいただけだ。

何もしないで社会に生かされて来た。

できたらこの先は返していかなければならないと考える。

 

人生に遅すぎることはないという言葉はしばしば耳にする。

実際のところ、どうなのだろう。

 

女性には出産適齢期というものが未だにあると思う。

晩婚化、高齢出産の傾向が強まる中でも、10年の遅れはなかなか厳しい。

医療が進むおかげで高齢出産自体には問題はないだろう。

しかしその後の子育てはどうなるのか。

 

子どもを産み落とすだけ産み落として成人する前に他界することは避けたい。

それは私自身が成熟する前に片親を亡くしたことを深く呪うためだ。

それならばはじめから産まなければいい、つくらなければいい。

 

どうして私を産んだのか、母親に聞いたこともある。

母は堅実で、寛大な生き様をしている。

どうして私のような問題分子に育ちあがってしまったのか、申し訳ない気持ちで支配される。

私の性質はなんらかの隔世遺伝であると信じている。ここで断ち切らなければならない。

 

そもそも“人格”に問題があるがために劇薬にまみれた遺伝子など後世には必要ないのだ。

 

誤解のないよう加筆する。

私は堕胎を経験している。

その当時は躁状態で、それを薬と医者に押さえつけられていた。当時服薬していたものがあまりに妊娠に適さないと、処方されはじめに注意を受けた記憶はないと医者に喧嘩を売り続けた。

話にならなかったことは記すまでもない。

自らを悲劇のヒロインに仕立て上げることなど何をすることより容易であった。

それを発信することにも、同情を煽ることにも陶酔していた。

本当に、気が触れていたのだと考えることが妥当である。

 

パートナーは現在も婚約者として側にある。(3回ほど婚期を見送っている)

彼と家庭をつくることはささやかな、しかし夢という言葉を使うとしたら唯一の私の夢だ。

 

何もかもが邪魔をする。被害妄想発症中だ。

同年代の知り合いが結婚をしようが、妊娠をしようが、出産をしようが、私には10年以上先の話なのだ。

そこを取り立てて妬むなど、勘違いも甚だしい。

 

分かっているはずだ。

人間関係の玉砕

10代後半から20代前半にかけて親密であった友人たちのグループがいくつかある。

 

彼女たちとは共通の趣味で知り合った。

そもそもが同窓生に共通の友人がいたことが大きなきっかけであり、年齢が近いこともあいまって特別に約束などをせずとも実存の共有スペースへ赴けば会うことが出来るようになっていった。

毎月のように会っては他愛ない話をしたり悩み事を打ち明けたり、記念写真を撮ったりと楽しく過ごし、その時間は当時の私にとってかけがえのないものであった。

インターネットや携帯電話が普及し始めた頃で、会えない時には頻繁にメールのやりとりなどもおこない、親睦は深まっていった。

 

とりわけ多感な時期を共有した仲間であったと認識している。

私が躁を発症するまでは。

 

彼女たちの中には鬱病、あるいは若くしてうつ状態を経験し乗り越えた者や、難病を隠しながら笑顔で振る舞う者、今でいう発達障害を持ちながら一般以上の勉学に励む者など、どことなく特殊なのか、実はそれが普通なのかもはや分かりかねる人間が何故か多くいた。

私が体調を崩したことが明白になった22歳の夏頃にはとても心配されたものだ。

精神科の閉鎖病棟宛に彼女たちからの寄せ書きがされたサイン色紙が送られてきたほどで、今にして思えばギャグである。

 

幾度となく、仲違いをすることもあった。

その度、それらを複数の人間で理解し合うために話し合い、そんな時、私は仲介役を担うことが多かった。

それでも、集団から離れていく人間も少なくなかった。存在を過大評価しなければ、私はその中の1人に過ぎない。

 

この友情は何歳になっても続くものであると信じて疑わなかった。

私の葬儀にはせめて彼女たちが来てくれるのだから淋しくはないと思い込んでいた。

 

何事にも変動はおとずれるのだと、今では分かる。

 

彼女たちは仲介役、自らの意見を制御し、双方を尊重することが出来ていた頃の私に出会っている。

そんな仲介役(仮)が、ある時突如として、自らの支離滅裂な意志を通すことしかしなくなり、周りを見下し始めたら、それは誰しも困惑する。

 

喧嘩腰にならず集団から抜けるという彼女たちからの要求を、誰がどう見ても喧嘩腰に承諾したことの自覚すら当時の私には皆無だった。

いつでも、その友情は取り戻せるものであると信じきっていた。

 

著しい気分障害とは、どれほど信頼関係がある間柄でもたやすく粉々に壊してくれるものなのだ。

広告を非表示にする

心理学と精神医療

心理学の何たるか、それを志したいと切望するわけではない。

 

たまたま部分的に視聴した、家族が好んで視聴するサスペンスドラマ番組などで頻繁に取り上げられており、いかにもそれっぽく殺人犯を見破るのだ。

何回か、聞き流していただけでも種類はいくらでもあるように感じる。もちろんテレビ向けに脚色されている部分もあるのだろうことは心得る。

 

それでも、なんとなく考えた。

心理学を志し、自らの思考や感情を抑制することができるようになれば、突発的な躁的思考などにおびえることは極めて少なくなるのではないだろうか。

周りの人間をどうこうしようというものではない、自らのためのみの範疇だ。

客観的に、精神医療の分野には心理学が用いられていてもおかしくはないと考える。

 

こういう時、インターネットでは情報の信ぴょう性が掴みにくい。

一時期、図書館に通った時のことを思い出すと、心理学書は思想書や哲学書の近くにほんの少し置かれていただけのような気もする。

情報は極めて少ないのだろうか。

しかし少ないからこそ手に入れやすいものもある。

 

来週火曜の帰りには、なんとなく図書館へ立ち寄ろうかなどと考え始めた。

広告を非表示にする

時間的過労死ライン

昨今、労働基準法の範疇を越える労働時間を規制する風潮が目立つ。

働き方改革というやつのせいだ。

ある一定の時間までは残業をしてもよいとするもののように認識する。

そうなると、その一定の時間を1分1秒でも超えれば過労死するのか、1分1秒でも少なければ健康が保てるのかという押し問答が始まる。

 

実に不毛だ。

 

時間感覚に対し疲労感覚とは必ずしも比例するものではないことは分かりきっている。

いかに効率よく仕事や作業をこなすかに重きを置くこととなれば、いわゆる「優秀な人材」と反する「劣等な人材(という表現は聞いたことがないが、仮にこの表現を使う)」が上げられない効率を補うために時間を使うことは必然である。

誰にも見えるトリックとして、残業時間の制限の陰にはサービス残業、時間外労働が堂々と鎮座している。

 

個体差があるものを一定の基準に収めるためには物差しが必要だ。

目に見える物体であればことは容易い。

人間の持つ技能、特性、まとめて仕事力とは目に見えない。

 

たとえば8時間、集中力を限りなく持続させて働く人と、8時間を自由に働く人とでは明らかに前者の方が過労になる。

ただしこの時、両者は同等の仕事量をこなしていることとする。

適度な休息をとることは義務付けられているが、適度さにすら個人差は付きものだ。

また、働くことが好きな日本人には休憩時間にこそ率先して働くことに付加価値が持たれる現場も多い。

 

おそらくは小学生にも見えるであろう1つの答えとして、時間のみでは過労死を防ぐことは出来ないということがある。

 

しかしながら、時は金であるため、働くことをはかる物差しが現段階では時間しかないのだ。

 

過労死のニュースを耳にする度、それに対し憧れを抱くことは少なくなった。

国のために働くという概念が薄れたのかもしれない。

 

人類が本能で死を恐れていることを前提とし、自らの、主に集中力、体力、体調、気分を素直に把握できる健常者であれば、過労死など無縁であるはずだ。

 

そんな死に方より、急な震災の方がよほど恐怖である。

元気さの塩梅

診察で、近頃ずっと明らかにテンションが高いことを述べた。

しかしそれを立証する行動が足りなかったらしい。

最終的に一般の範囲内であり、薬を調整して動けなくするほどではないと診断された。

 

これは新しかった。

おそらく「元気である」ことと「テンションが高すぎる」ことは異なるのだ。

イライラするわけでもない、食欲不振なわけでもない、極端な金の使い方をするわけでもない、

睡眠時間が足りない「ような気がする」点以外は病的に躁状態と呼べる症状ではなかった。

日常生活で困っていることというと、深夜3回ほどの中途覚醒と日中注意力が散漫であることくらいで、自転車の運転に対し注意をうながされるくらいにとどまった。

ほとんど笑い話である。

 

私の躁サイクルは3週間から1ヶ月であるらしい。

長年、時には長期の入院で医師が監視してきたため過去においては間違いはないのだろう。

ただし3週間の前に、激しく落ち込んだ強烈な記憶はほぼない。

あっても一過性のものであった。

 

それならば、と、動ける時期にしかできないことをする方が利点が多いだろうという、ここ何ヶ月かの診察で聞く言葉にたどり着いた。

 

私は取り越し苦労が得意になったのだと思うことにした。

また、よくよく考えてみれば診察のたびに問題視してきた強迫症も今回に限りなりをひそめていた。

 

主治医はよく言葉を濁す。

うまくすれば、どうのこうのとおっしゃっていた。

私は私で1か月の出来事と照らし合わせできる範囲で冷静に症状を述べた上で一生懸命に平生を装う。

診察こそ一種の社会であるととらえるからだ。

そこで一般的な振る舞いができればよいだろうと、最後の退院からは考えるようにしている。

 

彼らにとって精神疾患者とは、だいたいがモルモットである。(ただしこの表現はあまり適切ではない)

モルモットの1匹として意見できることなどない。

意思をもたない実験媒体は彼らの経験や知識となる。

 

現在の主治医への「情報源」としては、そろそろ用済みなのかもしれない。

広告を非表示にする

ハイテンション続く

これはよいチャンスだ。

通院が明後日に迫っている。

このままのテンションで受診してみたい。

この私は、精神科医にどううつるのか。なかなかの見ものだ。

 

どのくらいハイテンションかというと、胸が高鳴り、腕が緊張し冷たく震えるほどだ。

間違ってもこれは禁煙したせいではない。

そのことははっきりとしている。

腹式呼吸を繰り返すといくらか落ち着いた。

 

しかし普段ほとんど聞かない音楽を流し、口にバスタオルを当てて押入れに向けて大声で歌い続けることが約30分続いた。

自宅には私1人しかいない、近隣住宅にかかる騒音被害は最低限に留めているつもりである上、まだ陽は落ちない。こんなことをしていても誰にもとがめられることなどないと開き直っている。

 

本当は1人でカラオケに行きたかったがほんの少し避けた。

まだ週が始まったばかりだ。

このままあと4日、今週は保つような気がして怖い。

強迫症めいた禁煙発作

「禁煙セラピー」という本を読んだ。

読むだけで絶対やめられる禁煙セラピー [セラピーシリーズ] (ムックセレクト)

読むだけで絶対やめられる禁煙セラピー [セラピーシリーズ] (ムックセレクト)

 

 

 

そもそも禁煙とは、私がかねてより取り組みたい課題であった。

喫煙習慣は10年以上になる。

その間、はっきりと記憶にある中で2回は本格的な禁煙を試みたことがある。

なんとなく、を含めれば数え切れない。

その都度、期待を裏切らず失敗し、今日に至る。

 

この本にたどり着いた経緯はくだらなすぎるので割愛する。

購入も定価で書店でではない、中古品を通販した。

ただし今は亡き著者は、禁煙セラピストとして世界的に認められるようになったという事実があるのだそうだ。

 

本の内容はとても逆説めいていてくどい部分があった。

文体が気に入らない人も少なくないと思われるため、こんな「幻想」のようなキャッチコピーに「洗脳」される必要はない。

 

しかし、読み進めるうちに私はどこか体験したことがあるような錯覚におちいった。

 

禁煙に対する心構えが、強迫性症状に極めて似ている、あるいはそのものなのだ。

強迫症の刷り込みにより、禁煙を達成している人が世界的に見て多く存在する。

統計学は分かりかねるが、数多くの症例があるようだ。

 

なんとなくであるが、毎日のように今日はどんな風に死のうかと考え続けては死ななければならないような気がしている、それを成した自らが英雄かのように強く思い込む一種の強迫性症状を受け入れよう、受け入れたいという考えになって来ていた私にはこのセラピーはピタリと当てはまった。

 

私は入院中、精神科の看護師たちからは「タバコを吸うくらいで気持ちが落ち着くならいくらでも吸えばいい」と言われ、外来では主治医から「無理にやめることはない」と言われ続け、禁煙外来においては「こんなに薬を飲んでいる人に処方は出来ない」と治療を断られ、その都度それらに甘えて来た。

 

もしかしたら、一部の精神科にかかる人にほど、禁煙は容易いのかもしれない。

テンションが上がる傾向

症状あるいは性格に新たな発見があった。

集中をある程度の時間持続させると、テンションが高くなる。

適度な休息を合わせ、だいたい5時間経過すると症状が顕著になるような気がする。

一般的な労働時間よりはるかに短い。

 

まだ断定はできないが、過去にも思い当たる節が度々ある。

まともな睡眠をとらずに約10日間、作業に没頭し続けた時などもそれだったのかもしれない。

 

テンションという言葉をたとえば緊張感と直訳すると、身体的には38.5度以上発熱した場合、私は苦痛を感じることがほぼない。

むしろ爽快な気分になる。

こちらも何か関係していそうだ。

 

発熱時は防ぐことができないとしても、疲労(?)による感情の高ぶりは制御できるようになればだいぶ便利だ。

傘がない系オンナ

テレビでは我が国の将来の問題を

誰かが深刻な顔をして話している

田舎では自殺する老人も増えている

いつか見た新聞の片隅に書いていた

だけども

問題は今の気分

人生が長い

 

降られたい雨が降ってこない

会いに行きたいキミも出てこない

雨乞いをする気力もない

ただ生きたくない

そんな日も続くだろう

広告を非表示にする