躁うつ病(双極性障害)ランキングへ

理刹主義-躁鬱病と診断された女-

昭和生まれ、社会生活より閉鎖病棟生活の方が長い。病的被害者ではなく社会的加害者の自白。

通常の抑制力(通院日)

7年ほど診ていただいている、主治医の見解である。

どうやら、私はほぼ「通常の人」に近くなりつつあるらしい。

どれだけの誇大妄想があろうとも、希死念慮が根強くあろうとも、多かれ少なかれそれらは元来、18歳頃までに形成された心が持ち合わせているものであり、また、ストレスによる症状に過ぎないため無理に抑える必要はないという助言をいただいた。

ただし今は身体が比較的動ける時期であると思われるためなだけに、今後、どうしても動かなくなる時期はまた来るだろうとのこと。

「通常の人」に近いという自覚はほぼないが、「通常」を装えるようになってきたのはよい傾向かと捉えた。

装い続けられれば問題はない。

「異常」とみなされた部分は抑制が効かなかった部分であり、それを隠すことが出来るようになってきたため「通常(正常)に近い」と判断されたのだろう。

 

装っているのだ。

 

私はもしかしたら、真に初めて、日本社会における一般的な成人の心理を知ることができたような気がした。

現在、私は私自身の心(という観念は分からない、心は脳にあるものだと考える)に不便さを感じる。

私にとって「かなりの我慢」をし続けているからだ。

 しかしその「かなりの我慢」が、「通常」に近い一般的な常識だったのだということに初めて気付かされた。

「通常の人」はこれだけ、さらにはこれ以上の我慢をしながら生きているのだ。

そんなこともできない、気付きすらしなかった、なんと情けなく恥ずべき生き物なのだろうかと自分に呆れ果てた。

 

以前より、主治医の意見を鵜呑みにはしないよう心がけている。

これらは医師の意見をもとに、私が考察した内容だ。多少ねじれている可能性があることは承知している。

さらに考察を進めると、企業に勤めていた頃、日々、精神的にツライと表現するよりは、人格を壊されているといった感覚があった。

業務内容はそれまでに望んで来たものであったし、どれだけ罵られ、存在を否定されるような言葉をかけられてもツラくはなかった。

それは私の仕事の要領、技能があまりにも未熟であるためだということが明らかだったからだ。

そのうちに気分と思考が分裂し、良識を見失ったのだろう、と記すと、なかなか哲学的なように見える。

しかしこれでは前述の「心」と「脳」が別のものであることを裏付けてしまう。

納得がいかない。

本来別のものであるという一般論があることは認知している。ただ、それを真意も知ろうとせず使い分けることに抵抗がある。

忍耐力が一般より足りな過ぎた、と書くだけでことは済む。

企業から離れて10年近く、ゆるく、甘え、なんとなく呼吸をしてきた。

 

生きることの大半は抑制することなのだと、ほぼ、義務教育で身につくようなことを最近、実感した。

不満足な愚者

「満足な豚であるより、不満足な人間である方が良い。
同じく、満足な愚者であるより、不満足なソクラテスである方が良い。

そして、その豚もしくは愚者の意見がこれと違えば、それはその者が自分の主張しか出来ないからである。 」

 

倫理社会の授業で衝撃を受けつつ、どこか一押し足りないと感じる言葉であった。

現代は便利だ。

うろ覚えの哲学などが関連で検索できる。

 

別で、タロットカードの「愚者」の意味を最近、ある映画を見て知った。

諸説あろうが、その映画では「愚者」とはただの愚か者ではなく、「どんなことでもできる、何にでもなれる可能性を秘めた」最強のカードだと語っていた。

こちらは検索すると位置や組み合わせで意味が変わっていたので私の記憶のまま記載する)

 

業界の違うものを混合させ、理屈を立てることはお門違いである。

その上で、これはなかなか面白い混合哲学が生まれるのではないかと考えた。

 

「私はただの豚であるが、満足を知らない。

自分の主張すら出来ない人間であるよりはましだ。」

 

高校時代からだいぶ経つものの、なんとなくスッキリした。

ミルに云わせれば、あるいは哲学を志す方々、功利主義からすれば、きっとまた私はただの「愚か者」未満であろう。

広告を非表示にする

最も強い野望

もしも、の話である。

一種の誇大妄想を現実的な野望に変えてみるとする。

そうすると、かねてより私が最もやりたいことは「芝居」だということが、自分の中でかなり明白になってきている。

舞台に立ちたい。

自分を使って人前で表現をしたい。

私を見た誰かの感情が動いたとしたら、私は死んで構わない。

あまりに大げさ過ぎて現実には誰にも打ち明けることができない。

極めて非現実的で自信過剰だとみなされ、それをくつがえす能力も努力もないからだ。

名のある俳優の方など、「人生は一度きりだからやりたいことに挑戦してみたかった」という理由から、脱サラのようなことを経てそういった業界に入ったという話も聞く。

それは成功者が言えることであることは重々承知だ。

それでも、この頃インターネットを使って密かに地域の劇団などを探している。

案外数がある。

しかしたいていが、「心身ともに」健康な方を募集している。

痛い目に遭ったのだろうなと複雑な気持ちになる。

努力した者が必ず成功するとは限らない、しかし成功した者は必ず努力をしている。

そんなフレーズはスポーツ漫画から教わった。

年齢に関係なく時間の自由のきくアルバイトで生計を立てながら、音楽家だったり、俳優だったり、作家だったりという芸術の分野、すなわち一般からは離れているとされる「夢」を現実のものにしようという努力を惜しまない人は実はたくさんいらっしゃると思う。

私もそうなりたい。

心身ともに健康?

上等だ、かかって来い。

 

……本当に思考の底から役者になりたいと強く願うならば、まず、誰にも何も言わずタバコなど吸わなくなっているに違いない。

仮定であってもしょせん誇大妄想なのだと、戒められるようになったのだと思おうとしている。

 

心身ともに「完璧に」健康な状態を「演じて」見学、体験にでも気軽に申し込めばいい。

そうすれば現実と妄想の区別が明確になるかもしれない。

広告を非表示にする

障害理屈

誰もが性格と緊張という障害を持っている。

ただし、それを障害と認識するか否かは個人の自由な決断だ。

 

昨今の報道は障害者と健常者の派閥を強める傾向があるように感じる。

健常者は障害者を生産性がないと見下し、障害者ないし親族は理解が足りないと憤る。

実に不毛な実態が浮き彫りになっている。

ようやく表面化してきたと表現した方がいくらか真実に近いかもしれない。

障害の安売りがなされているようにも感じ取れる。

何をもっていれば健常なのかを考えた方がラクなような気がしてくる。

 

冒頭の定義めいたものを前提に「あなたは健常ですか」と問われた場合、一体何人の日本人が躊躇なく肯定できるだろうか。

広告を非表示にする

隠し事

日毎、時間毎に気分の波が小刻みである。

少し前、ただひたすらに落ち着いていて、落ち着いていながら、高所から飛び降りる鮮明な幻覚のようなものが頭から離れなかった。

それが耐え難くなり横になり、天井を見ればそこから首を吊る幻想が浮かぶ。

落ち着いていたはずの鼓動も心なしか速くなっている気になる。

誰かと話す機会があればそれらは緩和される。

ほどほどに明るく落ち着いた自分を演じることができる。

そうかと思えば次の瞬間にはとことん気だるくユウウツになって動けなくなったりもする。

 

医師から、カウンセリングは必要ないだろうとされている。

家族の理解がじゅうにぶんにあるとみられているからだ。

また、カウンセリングというものは過去に二度受けたことがあるが、いずれも性に合わなかった。

現在はまた異なるかもしれない。

しかし敷居は高い。

 

さて。事実、同居の母とはよく細かに会話をする。

最近は病状と性格のことを細かに説明することが多い。

母は恐ろしいほどに寛大である。

寛大になったと表現する方が相応しいかもしれない。

しかしそんな母に対し、どうしても言えない事柄がある。

私自身の命の価値を見誤るような事柄だ。

それはつまり、今もっとも重くのしかかっている事柄であったりする。

死ぬかもしれない。自ら命を絶つことばかり考える。そんなことを生みの親に言えるほど、私の神経は図太くできていない。

死ぬべきだ、死のうと強く思い込む、そんな気持ちをどこかで発散できたら、あるいは常時降臨するものでなくなれば、いくらかラクなのではないかと考える。

常に頭の中に「死」があると結構つかれるものだ。

それを隠そうとするとなおさらである。

 

「普通の人」は常に死ぬことを考えてはいないのだろうか。

そうだとしたら、かなりうらやましい。

「何も考えない方がいい」という助言を頂戴したことがある。

何も考えないことができるのであれば、おそらくは、とっくに「普通の人」として生きることができているだろう。

広告を非表示にする

穏やかな希死念慮

おそらく、生活は充実している。

何も考えずに勉強をしていただけの中学時代よりも充実している。

福祉サービスが充実しているためだ。

 

一般社会からみる精神障害者への本心、偏見や差別に対し、穏やかでいられる。

どれだけ迷惑しているのか知りたい。

どれだけ生きる価値がないのか知りたい。

どれだけ罵られる文章がそこにあっても平然と読み続けられる。

 

同時に精神障害者が存在しなければ仕事を失う人がいること、障害者を利用した職に就こうとする人が少なくないことにも最近気づいた。

一瞬、存在に意味があるのかと勘違いをした。

そんな類の職に就ける人は他のどんな職もこなせる精神力を間違いなくお持ちだ。

 

開示での就職など想像をはるかに超える生き難い日々に違いない。

やはり精神障害者は、排除されるべきだ。

 

と、とても落ち着いた状態で考えている。

広告を非表示にする

病的な性格の境界

学生時代のアルバイト仲間と久しぶりに集まる機会があった。

とても環境の良い勤め先で、それぞれが違う職場や家庭に進んでから10年以上経つにも関わらずスマートフォンの普及で近年連絡を取り合うようになった。

私自身、そこのアルバイト先には高校時代から断続的に7年ほどお世話になった。

この集いは約2年ぶり、3回目となった。

私にとって数少ない大切な友人たちである。

 

高校当時の時点で私の性格性質は破天荒、活発、多弁といった、現在の躁状態に近い状態にあった。

それは演劇部で完全に「形成されたもの」だと以前は考えていた。

このところ、元来持ち合わせる性格性質について考えを巡らせていた。

幼少の頃より、我を張る部分はあったものの、基本的には「おとなしい」と言われることが多く、自ら発信することは少なかった。

そういった点から、高校時代に発病の切っ掛けがあった可能性を否定できない。

 

私はおそらく、元来の性質を取り戻したいとしている。

しかしその元来が、どこまで遡れば良いのか分からない。

最後の退院からは、とにかく自分の言葉を控えるよう心がけていた。

そのためか、元アルバイト仲間は「優しくなった」という印象を持ったらしい。

なぜそう見えたのか、うまく説明することがこの機会には出来なかった。

包み隠すこともない間柄であるため、次の機会があればゆっくりと打ち明け、助言などもらえればと目論む。

 

「自分(の本質?)とは自分で創るものだ」といった偉大な言葉が大昔からユダヤの言葉にあるが、私の場合はおそらく創る以前の問題だ。

そこまで考えずとも、環境によって性格は変わるととらえればよいだけかもしれない。

そうだとすれば、私は順応性に長けているという表現ができるが、実際のところそんなことはないため困る。

広告を非表示にする

気が張っている

私は元来、オンオフの切り替えが大層下手であり、加えて要領が悪い。

眠っていても仕事や作業の夢を見る。

決まって失敗を繰り返す悪夢だ。

スイッチが入ったら入りっぱなしで、気力より体力が先に限界をむかえ、仕事等が長く保たなかった。

日常生活がそうなったのはいつの頃からだったか、少なくとも小学校高学年の頃にはまだ「日曜の夜がユウウツ」といった健全な症状を持っていた記憶がある。

 

表現を変えるとメリハリのある生活を送ることが難しい。

たとえば離職していた期間はずっとオフの状態だったのだろう。

中で、趣味の範疇で断続的にデザイン業務を担っていた。

請け負っている間は下手をすると寝ることがあまりなかった。

これだけ頑張ったのだからと自らに主張し、勘違いにまみれた満足感を得ていた。

本来、良い仕事というものは質も良くなければならない。

分かっていてもそれが出来た試しはない。

 

このところは「休日」というものが明確に発生するようになった。

休日に何をすることが望ましいのか分からない。

何もせず眠っていることも休日の立派な醍醐味かもしれない。

しかしながら平日と同じ時刻には目が覚める。

完全に、スイッチがオンのままである。

何か、休みであるという本質的な自覚を持てるキッカケが欲しいものだ。

そうでなければせっかく利用を始めることが出来た福祉サービスも長くは続かない。

広告を非表示にする

大切だった友人

友人が多かったか少なかったか、数だけでは分からない。

少なくとも私が誠実にお付き合いするのにはじゅうにぶんな数の人間と交流を持っていた。

現在よりはるかに多い。

 

中でも高校からの友人で、二十代中頃まで特に親しくしていただいていた女性がいた。

学校は違うが趣味が合い、感動を分かち合えるかけがえのない存在だった。

彼女は出会った頃、未成年の頃から意志をしっかり持ち、多岐に渡る人付き合いがうまく、だからこその悩みを抱えながらも自ら解決する能力に長けているように感じ取れる人物だった。

私は自分が彼女の「特別」ではないことを分かっていた。

分かっていながら、どこか特別でありたいと願っていた。

おそらく彼女の中で友人というものは分け隔てなく特別な存在だったのだと思う。

互いに就職し、私が仕事に没頭し過ぎた頃のことは「あいらが仕事に取られたような気がして寂しかった」などという言葉を、病床の文通で伝えてもらい涙したこともあった。

入退院を繰り返すようになり、その都度、彼女は仕事と家事の合間を縫ってたくさんの手紙を送ってくれていた。

 

十年来の友人ともなろう頃、私の病状は悪化していた。

彼女に対し横暴な内容のメール文書を送りつけたまま、再び入院することとなった。

入院中は毎日、そのことを後悔していた。

彼女から手紙が来ることはなくなっていた。

退院したら真っ先に謝ろうと強く誓い、療養する他なかった。

彼女は、おそらく何度も、私との「付き合い方」について検討してくれていたのだと思う。

それでも限界はおとずれていた。

 

退院後、すぐに詫びる連絡を入れた。

間も無く届いた返事にはこうあった。

 

「もう二度と会うことはないと思っていたのに、ありがとう」

 

胸のあたりがひどく冷たくなった。

十年以上、積み上げ、創り上げた関係も、短いメール文書であっけなく崩れ去る時代になったことと、彼女がいたく言葉を選んでいるような感覚が耐えられなかった。

選ばれた最終的な言葉は

「病気になってしまって、どう接すればよいのか分からなくなってしまった。ごめんね」

 

電話をかけることもしのばれた。

直接話せば、直接会えば、また、あの頃のようにと願う気持ちとは裏腹に、その後複数の友人で集まる機会には何度か恵まれたものの彼女から話しかけられることはなかった。

私から話しかけても彼女のぎこちない間合いと相槌に、もう無理をすることはないと諦めてしまった。

 

そんな風に離れていった友人は多くいる。

そんな風に、離れられるのが怖くて私が連絡を絶った友人はさらに多くいる。

私が気にするほど、気にされていないパターンもあるだろうことは自覚する。

それでも、現在において不自然な交流は避けたいという保守的な感情を持つようになった。

広告を非表示にする

助演俳優らしき生き方へ

「人生というドラマの主役は自分だ」というようなフレーズはしばしば耳にする。

各々が生きる中で主となるものは己の存在感なのだろう。

シスターや僧侶の世界観は分かりかねるが、どれだけ謙虚に生きる人にも少しの自尊心というものはある。

それを傷つけられること、打ちのめされることはやはり堪え難いことだろう。

 

「あの人は自分が主役だとしか思っていない」

そんな陰口めいたことを聞いたことがある。

諸説あろうが、「その人」は間違っていないと私は思った。

ほんの少し掘り下げる。

自己(A)があり、他者(B)があり、環境(舞台)がある。

これらを仮に、すべての人に当てはめるとする。

するとBから見るAはBとなる。

すなわち自己は主演でありながら、同時に数え切れないほどの脇役をこなしていることになる。

多くの場合が「通行人」や「村人」になるだろう。

この配役に固有名詞が付いた日には跳び上がるほど嬉しいのではないかと私は考える。

「ある人」の人生に深く関わり、敵役、親友役、パートナー役と、誠に勝手ながらそちらの舞台を盛り上げるのだ。

とても個人的な趣味であるが、私は主演よりも助演の方に絶大な魅力を感じる。

主演は嫌でも目立つからだ。

1人でいい、誰かの人生の「助演女優賞」をとることがかねてからの野望かもしれない。

 

はじまりが仮の話であるため、野望が果たされるか否か、明確に答えが出ることはない。

それに「賞」とは第三者が偉そうに付けるものだ。

そういった諸々の点を集めると、やはり人生に配役をふることはかなりズレているというオチになる。

それでも、主役に重きを置くか、脇役に重きを置くかで人生観は変わるだろう。