にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ

理刹主義-躁鬱病と診断された女-

昭和生まれ、社会生活より閉鎖病棟生活の方が長い。病的被害者ではなく社会的加害者の自白。

傘がない系オンナ

テレビでは我が国の将来の問題を

誰かが深刻な顔をして話している

田舎では自殺する老人も増えている

いつか見た新聞の片隅に書いていた

だけども

問題は今の気分

人生が長い

 

降られたい雨が降ってこない

会いに行きたいキミも出てこない

雨乞いをする気力もない

ただ生きたくない

そんな日も続くだろう

広告を非表示にする

東京大会崩壊妄想

平和の祭典に深い興味はない。

何とはなしに視聴していたリオデジャネイロでの体操競技で鳥肌が立ったことが生涯初めてである。

 

誰もが知る2020年の東京大会について、かねてより疑問、あるいは不安を抱いていた。

 

はじめに浮かんだことは首都直下型地震だ。

開催地が日本に決まった頃から、2020年までの間に確実に起こるのではないかと強く思い込んでいた。

発生から6年以上が経つ東日本大地震の復興の陰ではまだまだ血がにじむどころか吹き出しているのではないかと考える。

復興五輪などという言葉は皮肉なほどに文字だけである。

復興のことのみに焦点を当てずとも、チープなコメンテーターたちですら東京大会の弊害についてさらりと意見し合っている場面は何度も聞き流した。

 

次には戦火による順延(という言葉で合っているのだろうか)あるいは中止が浮かぶ

ここ半年ほどで、世界情勢の何たるかを把握しているわけでもない私ですら危機を覚えるほどに情勢は乱れきっている。

この状態が鎮静することはしばらくないだろう。

人類とは学習能力が極めて低い下等な生物であることは歴史の教科書から汲み取ったような気がする。

血を流した尊い意志が少なくなれば、それらは怠惰した大衆の意思にあっけなく流されてしまう。

 

東京大会より先に大震災か世界大戦が起こる。

 

そういった「妄想」を強く抱く。

 

これを発信したとき、「どちらもあり得ない」と即答する人間が最も身近にあることが私の危機管理めいたものを剥奪する。

剥奪されれば妄想は平和な想像になり下がる。

 

そもそも、オリンピックという表現を昔から毛嫌いしている傾向もある。

パラリンピックと大会そのものを分けられる理由が私の中では見当たらない。

歴史を学べばあっさり納得するほどの大義があるのだろう。あって欲しい。

しかしその調査もせず、正確にはする意欲もわかず、反旗をひるがえす気も起きない。

 

私にとって外部からの情報や文化はほとんどが有害であるという分析はある程度できている。

平和な想像のためにはさらに細かな分析を進め、有害ではない情報の選択をできるようにならなければならない。

ごくわずかであることは目に見えているが、これができなければ平和な想像=社会進出など到底困難である。

広告を非表示にする

損得勘定の向こう側

ひととは原則的に損得で動く。防衛本能とでも表すのだろうか。


個人にとって経済的、時間的、体力的、あるいは精神的に負荷がかかることは本能的に避ける。意識して避けることも多いかもしれない。
これは仕方のないことであるし、自らも例外ではない部分があることを認めなければならない。

 

認めた上で、被害妄想ばかり広げることは賢明ではない。
害を受けるからには、順序がどうあれそれなりに周囲に害を加えている。

 

ごく当然のことを記しているが、これを共有できない他者と遭遇することなどしばしばだ。

 

たとえば、AはBに、一時的にしかし大切なときに受け付けられることもなくなった。
Aはおおいに不服に感じる。

BはAの発信や行動が気に入らず気を病んだ。
BにとってAという存在はストレスの元となるためシャットダウンする。

 

双方が被害者であり加害者であると私は考える。


AとBに信頼関係があった場合、話し合いや討論をするべきだと思う。
ただしそのためには双方が尊重し合う意思を持たなければならない。

 

日本人にはそのことはたいてい困難であることが現実だ。

入院したい

まだ、日付が変わっていない。

覚醒時に不安感がつのることは珍しい。

なんだか不意に、閉鎖病棟が恋しくなったのである。

 

どれだけ美化しようとも、入院生活とはなかなかよいものではない。

共同生活ゆえの不都合や、個人的な空間がほぼないこと、生活に自由度が少ないこと、挙げればきりがない。

それなのに入院したいなぁなどと漠然と考えてしまった。

 

たとえば現実から逃げたいだけだと思う。

よい表現をすれば、閉鎖病棟での生活とは割と非現実的だ。

しかし逃げたいほどに苦痛な現実はしばしば見当たらない。

なんだろうか…そわそわする。

今日は寝付く前に規定量までの頓服薬を飲んでしまった。

中途覚醒がなくならない原因はなんだろうか。

疲れが足りていないのだろうか。

疲労感はあるのに、どうしたことか。

とてつもなく疑問である。

 

気分は割と落ち着いている。落ち着き過ぎて不安である。

 

ひとまず、あと何回か寝よう。

電源の電気代っていくらなんだろう…

広告を非表示にする

死した時間と人間

足先が冷え切っているように感じるため毛布をかけている。

反して手には汗をかいている。

なんとなく鼓動が激しいような気がする。

 

更年期障害の疑いからは逃れられない。

それにしては割と早期発症である。

 

 

今日は昨日に比べればかなり回復したものの身体が気だるく、反して思考が忙しい。

何か月も、軽躁軽躁詐欺なだけで、仮に確実に客観視することができたとしたら躁状態なのかもしれない。まずそんな視点を持つことは不可能であると開き直るあたりが怪しい。

 

そう考えるのとほぼ同時に、病状は出ていないとも思えている。

私は日本国家において働きもせずぐだぐだと金を貪ってきた非国民で、生き続けることが罪になると考える。ただし考えるだけだ。

ならば、と、スマートフォンに電源をつけている現状が罪に思えて来る。せめて部屋の電気はつけていないことに意味はあるのだろうか。

 

視力は悪い。しかしたまにかける眼鏡は格安店のもの1つであると主張したくなる。

 

何をこんなにも焦っているのだろうか。

なんだかくたびれる。

それでも思考は堂々巡りを続ける。

 

知り合いでもない誰かから気が違っていると指摘でもされたらラクなのではないかと思えてくる。

同時に現実そんなに甘くはないと目を見開く。

 

私は精神の病気であるが、どうやら本質的な自覚がないらしい。

これは数時間前の記述と反する。

なぜか今は自覚がないような気がする。

先ほどとはまるで違う。本当に、分単位秒単位で気分の波があることを今日は残したいと考えて電源を使っている。

物理的に動く意欲がないためいくらか安全であるとは思いたい。

 

いくら強気っぽく見える文書を構築したところで、死にたくなったらその時に、いつでも死ねばいいと思い込んでいる。

 

仮に時間が生き物だとしたら、死んだ時間、つまり過去に対しこんなにも苦痛を強いられるものなのだろうか。

病気ではなく、性格における範疇だ。

死んだ人間、つまりそのひとたちとの思い出に対し、何十年経っても私は苦痛しか見いだすことができていない。

 

だから周りのひとのために死んではいけないよ、などという啓発は以上のような気分屋の私に対してはハッキリと誤りである。

広告を非表示にする

治りたいのか諦めるのか

指先が動くうちに記事を残す。

 

一般に、躁鬱病双極性障害)とは元気になってはいけない病気だといわれるのだそうだ。
元気な時期に対し必ず反動が来るかららしいが、時期と表現するより時間と表現したいのは私だけだろうか。

 

精神の病気をたとえば「治したい」といった時、何をもって「治る」とするのか、質問返しをされるのだそうだ。もっとも理にかなっている。

 

ひとによって答えは様々だ。
薬を飲まなくなること、病院に通わなくても平気になること、精力的に活動するようになること……

 

私の場合、自らの本来の性格を取り戻したいと考え続けた。
本来の私とはどんなだろう。
性格とはどこにあるのだろう。
様々に考えを巡らせた歳月はそこそこ長く感じられた。


ある時の診察で、一般論に自らの性格を当てはめた時、すこぶるラクになった。

 

心の形成の話であった。

 

心とは平均して18歳頃までに形成されるものであり、その頃の性格を生涯のものとしてよしという考えだ。


その頃までにあった私はといえば、16歳で演劇部に入部したことが切っ掛けで、それまでの内向的な性格からはかけ離れた、とても社交的で表現意欲が一般の高校生よりは長けるような性格になっていた。
17歳の時にはそのことでうまくいかず、自殺企図から初めて精神科にかかっている。
18歳には実父との死別があり、就職活動に遅れをとったりもしたがなんとか働けていた。

 

 

これが私なのだと、諦めることにした。

諦めた途端に、あくまで私の場合、だいぶ治っていたかのような勘違いを起こした。

 

寛解という言葉はよく目にするが、完治という言葉はこの病名には見合わないようだ。


私の場合は薬を飲まなくなることが治ることではないため、薬には頼りたい。
頼ってもじゅうぶんな睡眠時間は得られていない現実もある。
ただの不眠症の女に過ぎない。
しかし不眠とは、就職してから始めにおとずれた身体の変調であった。


時間軸は戻り得ないが、ある視点における何かが戻りつつあるような気がする。

遡って次を予測するならば、激しい躁転が来ることだ。
これを阻止すれば、なんとかなるような気さえしてくる。まさに軽躁だ。


しかしそれが、思春期付近の私であったことが事実である。

私は極めて、元気であった。

 

軽躁病という病名があるのかは知らないが、鬱状態におちいることが極めて短いここ1年ほどで、躁鬱病という診断に疑問を持つ。


諦めることによってラクになった。
そう思える今この刹那、自らの精神状態が軽躁である自覚もある。

諦め方のベクトルが、数年前とは明らかに違ってきている。

秒読みする余裕のない死

身体に激しい疲労感を覚え、日中3時間ほど寝ていた。

夜になって疲労感は増し、それでいて寝付けなかった。

やはり2時間ほどの睡眠で目が覚め、その後ぼんやりとしている。

ぼんやりとしていると、極めて新しい些細な記憶(事実)から、生きる気力を奪われていくような感覚がある。

私を死に追い込むことなど大層簡単なことである。

つい最近、いかにも正確そうに見える首の吊り方を熟読し、実行寸前までおちいった。

死はすぐそばにある。

その感覚だけで安心感があったりもする。

 

私は自らの精神状態や病状に割と無頓着である。

他の病気についてなど、より一層分かり得ない。

己を高い位置に置いているつもりは毛頭ない、しかしひととは、自己を多角的に固定させなければ安定を得られないのだろうと思う。

その固定される位置が他者からたまたま見えたときに高い位置にあることなどザラである。

 

夏の疲れが出ているだけだという前向きな意見も頂戴したが、いよいよ体力も限界だ。

ここまで来たからにはせめて半年目まで、継続したい。

先の記事にも載せた通り、何事も継続しなければ意味を持ち始めてはくれないという、もはや途切れそうな気力だけで継続を継続する。

過ちを省みる

過去、途方もなくやることがなく、知人の勧めが切っ掛けでパチンコパチスロをしていたことがある。

ほどほどでもなく、依存の域に達していた。

これは書くまでもなく年金を使ってだ。

何年前までか思い出せないが、偶数月には毎日のように通っていた。

こういった行為に激しい憤りを覚えることは慎ましく暮らしている方々ならば当然のことだ。

この場で深くお詫び申し上げたい。

 

過去、割と強い躁状態にあった時、書くまでもなく年金を使って旅行を続けたことがある。

宿もとらずインターネットカフェに滞在した。

今ではほとんど意味すら分からない。

 

過去、激しく躁転した時など、書くまでもなく年金のその範囲で散財していた。

ブランド物を好むわけではない。

それでも、普段飲まないような額のコーヒーを飲み、使いもしない化粧品を買い、取れるわけでもないゲームセンターの景品に投資し続けた。

とても痛ましい。

 

現在、喫煙習慣から抜け出せないことに悩まされている。

医療機関に相談したこともあるが、薬の飲み合わせが大層悪かったことと鉄の意志をまったく持ち合わせないことから、1日に15本は燃やす。

情けない。

 

金の管理ができないことに対しては本当に困っていた。

それがたとえば病状から来るものだとしても、他者からは因果を理解されないし、理解を求めること自体がお門違いだと思う。

ここ何か月かでようやく小遣いとして決めた額を貯められるようになってきた。

 

おおかた、私の反省は年金の使われた道である。

これからの使わせていただき方を慎重にしていきたい最中だ。

 

ひとが変わることは難しい。

変わったと認知されることとはなおのこと難しい。

何事も、継続しなければ意味を持ち始めてはくれないのだ。

広告を非表示にする

24時間の気分

日付が変わる頃、だいたい一度目の中途覚醒をする。

他に2〜3時間毎、2〜3回ほど起きては寝てを繰り返し朝を迎える。

朝はたいていの場合ユウウツである。身体の気だるさも近頃は多い。

作業所に出向くまで、約1時間半の時間を持て余す。

 

道中、天気にもよるが、自転車をこぐ足はほとんど重たい。

 

しかし作業所に着くと、途端にテンションが上がる。

利用者の方と雑談が出来ることによって気分は一気に上向きになる。

上向いた気分を落ち着けるよう心がけて作業にのぞむ。

 

休憩時間のメリハリを付けられるようになったのは作業所の利用を始めてからだ。

主に同じ喫煙者の仲間と談笑する。

 

午後の作業では眠気をもよおすことが多くなってきたように感じる。

これは中途覚醒のせいなのだろうか、なかなか自らで集中力をコントロールできずにいる。

 

帰宅の道のりもまた、たいてい気分が落ち込む。

なんだかんだで作業の時間は楽しく有意義に感じられるため、そこから帰りたくなくなるのだ。

 

帰宅後、沈んだ気分を紛らわすために運動をすることを心がけている。

軽く汗をかくくらいの運動を30分ほど行い、シャワーを浴びる。

この頃には比較的気分は落ち着いている。

 

夕食の支度をし、ニュース番組を視聴し夜7時を過ぎる頃になると、また気分が落ち込む日と、反して頭が冴えて仕方がない日とが半々くらいである。

日中どんな様子であったかによる因果は今のところ導き出せない。

夜は気分が下がりやすいという一般論があることは心得ている。

あまりにひどく落ち込んでいると、夜8時半には床に就く日もある。

とても頭が冴えている日は趣味に没頭し過ぎて夜11時を過ぎてまで寝つきが悪くなることもしばしばだ。

 

一見して、何も特別なことではない。

ただ私の場合、気持ちのある場所の頂点と底辺との差がとても極端だと感じている。

気分がよいと何もかもが前向きに感じられ、気分が落ち込むと死ぬことしか考えない。

これが24時間のうちに何度か繰り返されると結構しんどいと感じるのは、やはり私の精神のスタミナが足りていないということになるのだろうか。

広告を非表示にする

災害で即死しなかった場合

他者を助けることは出来ないことが前提で、周囲にかける迷惑を最低限に留めたいと考えた。

 

9月は何かと防災月間である。

確か本日未明にも震度3ほどの地震が関東地方で起きた。

来る来る詐欺の関東大震災はいつやってくるのだろうか。

今年は局地的な水害も多い。

常日頃、死にたい病はあってもそういう人間に限って生き延びてしまうものであると思う。

災害が発生してから3日ほど、たとえば避難所等で凌ぐことができれば、県外からの支援が届くようになるのだと聞いた。

健康な方でも不安やストレスがつのるに違いない状況下、最低72時間、出来る範囲で精神を自力で安定させなければならない。

私の場合、今年に入ってからは薬の飲み忘れが少なく、過剰摂取もないため比較的安定しているのだということにする。

不安定な非日常のもとで72時間とは、まず正気でいられる気がしない。

周りにかける迷惑を最低限に留めるためには、自力でと記したものの、精神科薬は不可欠である。

また、薬がなければ生命に直接関わる持病をお持ちの方が優先されるべきであると考える。

 

そこで、私の危機管理はこうなる。

・市町村で配布されているいわゆるヘルプカードのようなものを、精神障害者手帳とともに携帯する。

・カード裏面に薬手帳のコピーを貼る。

・病院では決められた日数分外の薬は処方されないが、3日分の薬は常時持ち歩く。(通院日直前に被災した場合は不運中の不運であったと開き直り静かに腹式呼吸を続けることを心がける)

 

おそらく、食料や情報を手に入れるための手筈に関しては二の次になる。

まずは平生を文字通り装わなければならない。